イベント

  • 前の記事
  • 民俗学研究所公開講演会
    「古代の仏像の不思議—環境への心性史の立場から—」
    開催日:2019.06.29

  • 次の記事

成城大学民俗学研究所では、下記の日程で講演会を行います。聴講無料、直接会場にお越しください。

古代や中世の史料には、仏像が血や涙、汗、乳を流したり、動いたり声を出したりしたというさまざまな不思議の記述があります。それらの記録を残した当時の人々の心性と、仏像を博物館などで鑑賞する現代のわれわれの感覚との間には、どのような認識の変化があったのでしょうか。仏像認識の歴史的変化をテーマにお話しいただきます。

演 題:「古代の仏像の不思議—環境への心性史の立場から—」
講演者:三宅和朗氏(慶應義塾大学名誉教授)
日 時:令和元年6月29日(土) 午後1:30 ~ 3:00
会 場:成城大学3号館2階321教室 成城大学へのアクセス

講演者紹介

三宅 和朗 氏(慶應義塾大学名誉教授)
〔略歴〕
  1950年 東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。
  慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(史学)。
  慶應義塾大学名誉教授。
〔おもな著書〕
  『古代の人々の心性と環境—異界・境界・現世—』吉川弘文館 2016、
  『時間の古代史』吉川弘文館 2010、『古代の王権祭祀と自然』吉川弘文館 2008、
  『古代国家の神祇と祭祀』吉川弘文館 1995、他。

お問い合わせ先

成城大学民俗学研究所
TEL:03-3482-9097

イベント一覧

page top