イベント

  • 前の記事
  • シンポジウム
    スポーツ2.0の現在/未来
    —スポーツのVR空間とデジタル化するスタジアム—【終了しました】
    開催日:2019.03.02

  • 次の記事

このたび成城大学グローカル研究センターとメディアネットワークセンター主催で下記シンポジウムを開催いたします。みなさまご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。なお参加申し込みは不要です
*本シンポジウムは文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

成城大学グローカル研究センター×成城大学メディアネットワークセンター主催 シンポジウム

スポーツ2.0の現在/未来
—スポーツのVR空間とデジタル化するスタジアム—

成城大学グローカル研究センター×成城大学メディアネットワークセンター主催 シンポジウム スポーツ2.0の現在/未来 —スポーツのVR空間とデジタル化するスタジアム—

日 時:2019年3月2日(土)14:00~17:00
会 場:成城大学3号館321教室 成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
主 催:成城大学グローカル研究センター
    成城大学メディアネットワークセンター
本研究会に関する問い合わせ先:seijo_sports2.0_s[at]seijo.jp  ※[at]を@に置き換えて送信してください

講演:

1.「パナソニックが目指す次世代スポーツスタジアム」
   中山 正智 氏(パナソニック)
2.「VR/AR×スポーツの取組」
   望月 謙 氏(NTTドコモ)
3.パネルディスカッション
   中山 正智 氏、望月 謙 氏、山本 敦久(成城大学)、標葉 隆馬(成城大学)

司会・企画:山本 敦久(成城大学)

開催主旨

最先端技術の進化によって、いまスポーツは大きく変わりはじめている。VR技術は従来の観戦スタイルを変容・多様化させ、新しい体感的な世界を生みだしている。映像をめぐるデジタル技術の進展は、スタジアムを新たな楽しみの空間に変貌させる。スポーツ×テクノロジーは、スポーツ・コンテンツを媒介にして、デジタル体験とリアルな場所性/地域性を繋ぎながら、新しいスポーツ文化を発展させつつある。このシンポジウムでは、パナソニックとNTTドコモそれぞれが推進するスポーツ×テクノロジーの空間や体験がもたらす新しいスポーツの文化、スポーツへの愛着の「現在/未来」について考え、討論する。

イベント一覧

page top