イベント

  • 前の記事
  • ワークショップ「サッカーとグローバル関係学」【終了しました】
    開催日:2017.10.15

  • 次の記事

ワークショップ「サッカーとグローバル関係学」が、下記により開催されますのでご案内いたします。

ワークショップ「サッカーとグローバル関係学」

日 時 :2017年10月15日(日) 13時~18時
会 場:成城大学5号館2階521教室
    成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
報告者:服部倫卓(ロシアNIS貿易会)「ロシアはワールドカップのレガシーを活かせるか?」
    岩坂将充(同志社大学)「トルコにおける市民社会とナショナリズム:フットボールが描く社会的亀裂」
    楠田一千代(長崎大学)「西アフリカのサッカー事例:サッカー協会とスポーツ省、プロリーグよりも人気のアマチュアリーグ」
    佐藤真紀(JIM-NET(イラク医療支援NGO)事務局)「戦時下のイラク、シリアにおけるサッカー事情」
    細田晴子(日本大学)「想像の共同体形成のためのサッカー:独裁制から民主制へ(スペインの事例)」
コメンテータ:福島安紀子(青山学院大学)、山本敦久(成城大学)
主 催:科学研究費助成事業(新学術領域研究)「グローバル関係学」(B01班「規範とアイデンティティー」およびA01班「国家と制度」)
共 催:成城大学グローカル研究センター、成城大学法学部
連絡先:福田宏(成城大学法学部)
    hifukuda[at]seijo.ac.jp *メール送信時には[at]を@に置き換えてください

イベント一覧

page top