ヨーロッパ文化学科

学科紹介

ドイツ語圏とフランス語圏に軸足をおいて、
ヨーロッパの文化を総合的に把握する

あなたはなぜヨーロッパ文化に興味を持ちましたか? どんなことを勉強したいですか? 本学科は、ひとつの分野に縛られることなくヨーロッパを複眼的かつ総合的に検討できるユニークな学科です。学生の皆さんの多種多様な興味関心のそれぞれに対応して、ヨーロッパについて学ぶためのさまざまな基本ツールを提供します。そのツールを使い、どんなふうにヨーロッパを捉えるか、それはあなた次第です。

ヨーロッパ文化学科の特色

ヨーロッパの文化を追求する

ヨーロッパの文化を多角的に学ぶ

ドイツとフランスの哲学・歴史・文化・芸術など、ヨーロッパの文化を多角的に学び、広い視野と国際化時代を生きる上で不可欠な教養を身につけます。

ほとんどの新入生がドイツ語・フランス語の初心者です

ヨーロッパの文化を学ぶため、ドイツ語とフランス語教育を重視しています。ほとんどの学生はabcから学び、検定試験に合格するほどの実力を身につけます。

ヨーロッパの〈いま〉と〈むかし〉を学ぶ

ヨーロッパ文化の源泉である古代ギリシアとローマの文化を学ぶことができます。環境問題、移民問題、現代芸術など、ヨーロッパと世界の〈いま〉について理解を深めます。

こんなことが「学びのテーマ」

フランスの結婚観・家族観

フランスには、日本とは非常に異なった恋愛観や結婚制度があります。それを学ぶことによって、ヨーロッパを深く知るだけでなく、日本に住むわたしたちの生活を見直すことができます。

言語とは何か

だれしも「言語」を話し、「言語」のなかで生活していますが、「言語」とはいったい何なのでしょう。ヨーロッパの言語観に学びながら、「文化」の根本でもある「言語」の本質を考えます。

ギリシア神話

ギリシア神話はヨーロッパ文化の重要な源流の一つです。読むだけでも面白いギリシア神話を、学問的に解明していきます。

4年間の修学ステップ

ドイツ・フランスを主としたヨーロッパ文化を横断的・縦断的に学習します

01多種多様な専門領域から総合的に学ぶ

ヨーロッパ文化学科は、歴史、文学、思想、映像などの文化を多角的かつ深く理解してもらうことを目標としています。そのため、1・2年次には、ひとつの文化圏・ひとつの専門領域に限定することなく、多種多様な専門領域をもつ教員による総合的な教育が主眼となります。学生は、3・4年次のゼミ選択までに、自分が本当にやりたいことは何なのかをじっくりと考えることができます。

02多様性ゆたかな語学教育

異国文化を深く理解するためには、その言語を学ぶことがなによりも大切。だれでもドイツ語やフランス語を「聞く・話す・読む・書く」ことができるように、初級から上級までの各段階の多種多様な授業内容(日常会話、文学・芸術、映画、新聞・雑誌、文化論)を用意しています。さらに語学学習と平行して、「ヨーロッパ文化実習」では、ヨーロッパを体験的に理解できます。

03さまざまな視点から分析

教員やカリキュラムが充実しているのが特長です。文化といっても、哲学や歴史、語学など分野はさまざま。学生が学びたいことに応えられる環境になっています。 さまざまな分野を、横のつながりをもって学べるので、さまざまな価値観が存在する現代社会を理解するのに効果的です。

カリキュラムの紹介

必修科目
  • ヨーロッパの文化

     ヨーロッパ文化学科1年生の必修科目。言語、文学、歴史、思想、芸術、古典など、様々な切り口からヨーロッパ文化を学びます。前期はいわば入門編です。学科の専任教員が一回づつ順番に講義を担当し、それぞれの専門領域についてわかりやすく説明します。後期は入門をふまえた応用編です。「ヨーロッパと自然」、「ヨーロッパと都市」など、毎年ことなる個別テーマが設定され、専任教員のほか、他学科、学外の先生方が、それぞれの専門に応じて多角的にテーマを読み解いていきます。

  • ヨーロッパ文化実習Ⅰ

     学科の1年次の必修科目。ドイツ語圏、フランス語圏を中心とするヨーロッパ文化の特定のテーマについての知識を深めるとともに、研究の手法を実習形式(資料読解、ミニ発表など)で学びます。

  • ヨーロッパ文化実習Ⅱ

     学科2年次の必修科目。このリレー授業は、1年次のリレー講義「ヨーロッパの文化」に引き続き、3・4年次のゼミナールでの専門的な学習に向けて、ヨーロッパ文化研究のための視座や方法をさまざまな分野に即して示します。
    12人の専任教員が、それぞれ専門とする地域や時代を対象として、問題設定の仕方、資料の選択と読解の方法、仮説の構築とその検証、さらに研究史・研究動向などを論じていきます。
    この授業を通して、ヨーロッパ文化を専門的に研究していくとはどういうことか、そのために必要な知識や心構えは何か、といった点を学ぶことになります。多様な分野とそれを専門とする教員に接することは、研究の方向を決めていく上でも有益でしょう。

  • 独文法実習

     学科2年次の必修科目。ドイツ語のいわゆる初級文法は、すでに初級で習っていますが、各項目を順次積み上げて習ってきたために、知識がバラバラになっている可能性があります。文法体系の全体を頭に置きながら、もう一度これらの個々の知識を整理します。

  • 仏文法実習

     学科2年次の必修科目。フランス語文法とその応用を実習を通して体得する授業です。実用(読む・聞く・話す・書く)に役立てることを目指します。

演習科目
  • 言語学演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。ヨーロッパに端を発する現代言語学の基本的な諸学説を学びます。また、言語学が他の学問や思想にどのように影響したか、また私たちの生活にどのようにかかわるかを考えます。前期は講義が、後期は受講者による発表が中心となり、さまざまなテーマについて議論をかさねていきます。

  • ヨーロッパの思想演習I(独)

     学科の3年次以降の選択必修科目。ドイツ哲学の文献の読解を原文と翻訳を使って行ないます。毎回2名ほどの担当者が担当箇所の要旨をレジュメにして発表し、それをみんなで検討します。基本的な用語の内容や思想の背景などを押さえつつ、テキストで扱われている事象について考えます。

  • ヨーロッパの思想演習II(仏)

     学科の3年次以降の選択必修科目。フランス哲学の文献を採り上げ、原文と邦訳を使って講読します。担当者が担当箇所について報告し、それを叩き台に全員で議論するのが、標準的な授業の進め方です。一見難しい文章を解読しながら、フランス思想と哲学についての知識を増やし理解を広げるとともに、扱われているテーマそのものについて考察を深めます。

  • ヨーロッパの歴史演習I(独)

     学科の3年次以降の選択必修科目。ドイツ史に関連するドイツ語文献を精読します。ドイツ語の読解力を養うと同時に、ドイツ史に関する知識を得て理解を深めることが目的です。歴史的事象や固有の用語(人名、地名、歴史的事件など)を調べ、時代背景を理解しながら、テキストを読み進めていきます。

  • ヨーロッパの歴史演習II(仏)

     学科の3年次以降の選択必修科目。フランス語文献の購読が中心です。フランス語の史料や研究書を読む力、解釈する力を養います。関連する日本語文献について報告をしてもらうこともあります。

  • 仏語仏文学演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。文学作品を原文で読みます。名作を抜粋で毎回、ひとつずつ読む年と、ひとつの短編をじっくり読むすすむ年とが交互に来るようにしています。抜粋のときは翻訳を配って、その作品のどんなところが優れているか考えます。たとえば、ラ・フォンテーヌ『寓話』の「カラスと狐」なら、どんな言葉遣いにカラスは騙されたのだろう、というふうに。狐は最後にお説教をするんですよ。

  • 独語独文学演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。文学作品を原文で読みます。毎年読む作品は変わりますが、前期はじっくりと精確に読むことを身につけ、後期は学生の発表とテキスト読解の二本立てで進みます。辞書を丹念に引いて一つの作品をじっくり読み進めると、翻訳版をさっと読むのとは違うイメージが浮かびます。この醍醐味を味わってほしいと思います。

  • 比較文化演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。文化と文化を比較するーーヨーロッパの文化を学んでいる私たちはすでに、いろいろな面で文化の比較を行っています。ただ、ふだんはそんなことを意識していません。例えば、外国文学の作品を、私たちはふつう日本語で読んでいますが、同じ作品が翻訳者によってかなり異なっている事実にふれると、きっと驚くことでしょう。誰でも知っているグリム童話ですが、明治時代に出版された数種類の翻訳を比較してみると、興味深い事実をいくつも拾い上げることができます。それをさらに現代にまで広げたらどうでしょう。比較文化演習は、おもに言語の世界での文化の比較をやっていきます。

  • 現代ドイツ事情演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。「現代」は刻々と変化しています。それをどのようにして捉えたらいいのか。この演習では、現代のドイツに、インターネット経由で迫ります。ネット社会に生きるわれわれには、この便利な道具を使いこなしていく必要があります。それとともに、ここから得られた情報が、本当に正しいのかどうか、それを検証してみる必要があります。この演習では、ドイツの現代という対象を通して、インターネットの正しい利用の仕方を学びます。

  • 現代フランス事情演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。
    a. 移民問題、女性の社会進出など、現代フランス社会における問題について、フランス語で書かれたテクストの講読を行います。
    b. 移民問題、女性の社会進出など、現代フランス社会における問題について、日本語、フランス語で書かれた文献をもとに、学生のグループ発表を行います。
    以上、aかbのモジュールのいずれかを行います。

  • 広域芸術論演習

     学科の3年次以降の選択必修科目。アート作品類(自画像、庭園と風景画、ジャポニスム、モダン・アートとコンテンポラリー・アート、写真)には美学的にあるいは文化論的にどのような意義があるのかを考察する授業です。毎回受講生の発表やリアクションを取り込んで再考察します。

実習科目
  • 独語コミュニケーション

     学科2年次以降の選択必修科目。ネイティブあるいはバイリンガルの先生たちが、それぞれ工夫を凝らして、みなさんをドイツ語会話の世界に連れて行ってくれます。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと番号が付いていますが、これは難易度を示すものではありません。シラバスを参考にして、どういう会話ができるのか、よく考えて科目を選ぶーーいえいえ、ともかく先生と向き合うことが大事です。それこそが会話の第一歩で、ドイツ語での会話を通じて、新しい世界へと旅立つことにしましょう。

  • 仏語コミュニケーション

     学科2年次以降の選択必修科目。初等文法修了者を対象に、実践的なフランス語力を養成する授業です。日常生活に必要なレベルのフランス語を聴き取り、読んで理解し、積極的に話し、正確に書くことを目指します。

講義科目
  • ヨーロッパの思想講義I(独)

     学科の1年次からの選択必修科目。ドイツの思想・哲学についての入門講義です。数名の哲学者たちの思索を、その時代背景を考慮に入れつつ概観することを通じて、ドイツ哲学に関する大まかなイメージを獲得することを目指します。

  • ヨーロッパの思想講義II(仏)

     学科の1年次からの選択必修科目。フランスの思想・哲学についての入門講義です。哲学一般についての導入的講義の後、フランスの代表的な哲学者たちの主要な思想を採り上げて紹介します。

  • ヨーロッパの歴史講義I(独)

     学科の1年次からの選択必修科目。フランス革命から第一次世界大戦前までのドイツの歴史を学びます。ある歴史家が、19世紀ドイツ史を「はじめにナポレオンありき」という言葉で始めたように、ドイツの歴史を、フランスをはじめとする他のヨーロッパ諸国とのかかわりのなかで多角的にとらえていきます。また、ドイツという「国」の歴史だけでなく、当時を生きた人々の目線にたって、19世紀の社会や文化、生活世界の変容についても学んでいきます。

  • ヨーロッパの歴史講義II(仏)

     学科の1年次からの選択必修科目。フランス史の入門編で、先史時代からフランス革命期までのフランス史の流れを概観します。ただし,高校世界史のように重要な人物や事項を羅列するのではなく,歴史をめぐる今日的な問題や,インターネットをはじめとした情報革命により多様なアプローチが可能となっている現状を踏まえつつ,講義を行います。

  • ヨーロッパの文学講義(独・仏)

     学科の1年次からの選択必修科目。ドイツ語圏に関する講義とフランス語圏に関する講義があります。
    (独)
    1年生と2年生を対象にしたこの科目は、ドイツ文学への入門を目指しています。しかし、この入門というのが、なかなか難しくて、文学作品というものを何の意識もなく読んできた諸君には、中に入ることを拒否する厳重な門に見えるでしょう。しかし、この門の中に入れば、そこには、多彩な文学の世界が待っています。さあ、この講義によって、ドイツ語で書かれた文学の世界への入門をしましょう。なお、毎回リアクションペーパーを書いてもらいますが、それこそが、諸君の歩いた道の貴重な足跡になります。
    (仏)
    フランス語圏において成立した文学作品から、文学史に配慮しつつ代表的と考えられる数点を選び、作品が成立した背景を紹介しながら分析します。

  • 西洋古典特殊講義

     学科の2年次以降の選択必修科目。古代ギリシア・ローマ文化は現代の私たちにも様々な影響を与えています。民主政や哲学、法学、建築などは有名です。西洋文学をひもとけば、題材や着想を古代ギリシア・ローマにあおぐものは多く、いまさらながらにその影響の広がりと深みに驚かざるを得ません。なぜ古代ギリシア・ローマ文化にはそこまでの力があったのでしょうか。なぜ後代の人々はギリシア・ローマ文学を古典として尊重したのでしょうか。本講義では、古代ギリシア・ローマ文化を概観し, ついで具体的事例に触れながら、事象を多角的に理解しようとするものです。
     前期には西洋古典文学史を時代順に概説的に学習し、後期には古典文学とそれを受容した作品を取り上げ、受容史的観点から検討します。現時点で取り上げることを考えているのは、ロンゴス『ダフニスとクロエー』と三島由紀夫『潮騒』、パエドロス及びバブリオス『寓話集』と『えそほのはぶらす』及び『伊曾保物語』です。他の作品は受講者の希望を取り入れて決めようと考えています。

  • ヨーロッパの言語特殊講義II(仏)

     学科の2年次以降の選択必修科目。フランス語とはどのような言語か、その文法や語彙の構造、歴史的変遷、社会との関わり、日本語や英語との違いなど、さまざまな角度から講義し、考えていきます。単なる仏語学に終わらず、言語を通した日仏文化比較ともなることを目指します。

  • ヨーロッパの思想特殊講義I(独)

     学科の2年次以降の選択必修科目。入門編である「ヨーロッパ思想講義I(独)」を受けた、ドイツの思想・哲学についての発展的講義です。いくつかのテーマについて、ドイツの思想家・哲学者の観点を通じて考察します。簡単なディスカッションも行ないます。

  • ヨーロッパの思想特殊講義II(仏)

     学科の2年次以降の選択必修科目。入門篇である「ヨーロッパの思想講義Ⅱ(仏)」を受けた、フランスの思想・哲学についての発展的講義です。フランス哲学のなかの重要な主題を一つないし二つ程度採り上げて、同じ主題に関わる様々な哲学者たちの考察を紹介し、その主題について共に考えます。

  • ヨーロッパの歴史特殊講義I(独)

     学科の2年次以降の選択必修科目。第一次世界大戦勃発から現代までのドイツの歴史を学びます。二つの世界大戦、ナチズムとホロコースト、東西冷戦とその終焉、ヨーロッパ統合から脱原発まで、20世紀という時代を特徴づける大きな出来事には、いずれもドイツが大きくかかわっていました。ドイツの歴史を切り口として20世紀という時代を理解し、私たちが今どのような時代を生きているのか、現代社会の立ち位置を確認するとともに、これからの課題を考えます。

  • ヨーロッパの歴史特殊講義II(仏)

     学科の2年次以降の選択必修科目。フランス史に関わる重要なテーマを掘り下げて検討していく授業です。近年研究の進んでいる社会史の成果も取り入れて講義を行います。

  • ヨーロッパの文学特殊講義(独・仏)

     学科の2年次以降の選択必修科目。ドイツ語圏に関する講義とフランス語圏に関する講義があります。
    (独)
    ドイツ語圏の文学を、さまざまなテーマで語るのが、この特殊講義の目標です。たとえば、ユダヤ人が、ドイツ語圏の文学にどのように関わったか、というテーマがあります。ナチによって絶滅の危機にさらされたユダヤ人ですが、このユダヤ人をぬきにして近代以降のドイツの文化は語れません。あるいは、子供のための文学とは、いったいどういうものなのか、また、「子供のため」とはそもそもどういうことなのか、というようなテーマもあります。毎年テーマを変えて、文学の世界の広がりを語りたいと思います。
    (仏)
    フランス語圏において成立した文学作品から、一つの作品、あるいはテーマに一貫性のある数点の作品を選び、作品が成立した背景を紹介しながら分析します。

自由科目
  • 哲学講義

     学科の自由科目。西洋哲学を中心とした、哲学一般についての概説的な講義です。各種教員免許取得のための科目として設置されています。

  • 宗教学講義

     学科の自由科目。宗教学についての概説的な講義です。各種教員免許取得のための科目として設置されています。

  • 倫理学講義

     学科の自由科目。倫理学についての概説的な講義です。各種教員免許取得のための科目として設置されています。

ゼミナール
  • ゼミナール

     学科の3・4年次の必修科目。12人の専任教員がそれぞれのテーマを掲げてゼミを開講しています。配属は、2年次の「ヨーロッパ文化実習II」で提出する、何を研究したいかについてのアンケートに基づいて決定されます。3年4年と同じゼミに所属して、文献の講読や研究報告を通して、それぞれの研究テーマを追求します。担当教員の指導を受けながら、3年次に3年次論文(8000字以上)、4年次には卒業論文(16000字以上)を執筆します。

  • 卒業論文

ある学生の1年次の時間割(フランス語選択)

ある学生の1年次の時間割(フランス語選択)

ある学生の1年次の時間割(ドイツ語選択)

ある学生の1年次の時間割(ドイツ語選択)

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭1種
    (ドイツ語・フランス語)
  • 高等学校教諭1種
    (ドイツ語・フランス語)
  • 社会調査士
  • 学芸員

学科発行の副読本の紹介

成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科編
『ヨーロッパと自然』(シリーズ・ヨーロッパの文化①)

ヨーロッパ文化学科一年生の必修科目「ヨーロッパの文化」では、毎年いくつかのテーマを決め、学科専任教員がそれぞれの専門分野を生かし、ひとつのテーマについて講義を行うというユニークな形式をとっています。本書は、そうした企画のひとつ「ヨーロッパと自然」(2013年度開講)を、小冊子にまとめたものです。ヨーロッパの文化への小さな案内書として、ぜひ、手に取ってみて下さい。

 

本書の目次
「メルヘンにおける森——グリム学入門」(高木昌史) 
「フランス中世文学における森」(高名康文)
「ドイツ・ロマン派と森」(富山典彦)
「黒い森の哲学者・ハイデガー」(荒畑靖宏)
「近代都市と管理される森」(北山研二)
「ナチズムと自然」(木畑和子)

『西洋古典のすゝめ』(シリーズ・ヨーロッパの文化②)

 

本書の目次
「西洋古典学は面白い!partI 「序」にかえて - 映画『テルマエロマエ』の冒頭シーンから」(戸部順一)
「西洋古典学は面白い!partII - 少し本格的な観察」(戸部順一)
「ヨーロッパの文化を知るために」(土居由美)
「映画作品に描かれた古典ローマのイメージ - スパルタクスの人物像の変遷を中心に」(小堀馨子)
「叙事詩の系譜 - 『指輪物語』と西洋古典」(山田哲子)
「日本における西洋古典語教育の始まり - 田中秀央を中心に」(野津寛)

『ヨーロッパと都市』(シリーズ・ヨーロッパの文化③)

 

本書の目次
アテナイ(アテネ)についての基礎知識(戸部順一)
フランス革命下のパリ(林田伸一)
ウィーン、「世界の中心」のある街(富山典彦)
公園都市としてのパリ(北山研二)
デーブリーンとベルリン(時田郁子)
都市・身体・言語——パリはガンダムか(末永朱胤)

page top