ヨーロッパ文化専攻

ヨーロッパ文化専攻の専攻内容と学びの特色

ヨーロッパ文化専攻

ヨーロッパ文化専攻の研究領域は2006年度から従来のドイツ系とフランス系それぞれの思想・文学・歴史の3分野から思想・文学・歴史・一般言語学・文化論・口承文芸論・広域芸術論へと拡大しました。この研究分野分布は昨今の研究動向や時代の趨勢に合わせて作り替えたものです。したがって、研究スタイルも新しい視点から深く研究を推進するスタイルへと変わりました。博士課程前期に入学した院生は、ヨーロッパ文化専攻の共通必修科目として、西洋古典学研究か歴史言語学研究を選ばなければなりません。ヨーロッパ文化専攻はいずれかの基礎の上に成り立っているからです。その他の科目は、院生の専攻研究分野に合わせて、指導教員の助言を受けながら選択することになります。とりわけ博士課程前期・後期の院生に対して行われる指導教員による研究指導は、修士論文や博士論文の準備と執筆には欠かせないものです。国内外の研究状況を踏まえた懇切丁寧な指導は定評があります。そして、幅広い教養を備え思慮深い研究者を世界に送り出すのがヨーロッパ文化専攻の基本的な方針です。

取得できる免許・資格

■教員免許(教職課程)
・中学校教諭専修免許(ドイツ語科)
・高等学校教諭専修免許(ドイツ語科)
・中学校教諭専修免許(フランス語科)
・高等学校教諭専修免許(フランス語科)

■学芸員資格(学芸員過程)

page top