美学・美術史専攻

美学・美術史専攻の専攻内容と学びの特色

美学・美術史専攻

本専攻は、博士課程前期後期とも、美学、芸術学、美術史を三つの柱としています。美学のほか、芸術学は演劇学、美術史は日本美術史、東洋美術史、西洋美術史の諸分野をそれぞれ専門とする専任教員の担当科目が開設されています。その他学生の研究に必要と思われる講義科目は、適宜、非常勤講師に依頼して開設しています。

美学・美術史インターンシップ

美術館・博物館の学芸員志望者のための実務研修科目。学外の美術館・博物館の研修制度と連携し、作品調査や展覧会準備、資料情報管理、保存修復などの学芸活動を経験します。専門的実務に携わることで、美術館・博物館の学芸員としての能力を習得し、判断力や思考力を涵養します。

取得できる免許・資格

■学芸員資格(学芸員課程)

page top