経営学科

教員紹介

塘 誠教授

とも まことMakoto Tomo

経済学部 / 経営学科
職位:
教授
専門分野:
管理会計
担当ゼミナール:
会計学関連
主な担当科目:
管理会計論,原価計算論
最近の研究テーマ:
グローバル企業の管理会計
研究内容:
グローバル企業を対象にした業績評価方法、移転価格税制、純粋持株会社など。
略歴:
1988年、長銀経営研究所(長銀総合研究所、長銀総研コンサルティング)入社
2002年、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学
2004年、博士(経済学)大阪大学
2005年より成城大学
主要業績:
・「新たなグローバル化時代の戦略経営とマネジメントコントロール、共著、vol.68 No.6(2016/6)、企業会計。
・「総合商社の事業構造変化に対応した組織的マネジメント・コントロール—三菱商事の事例を中心として—」、共著、No.8号-Ⅱ(2016/4)、メルコ管理会計研究。
・"Effects of Transfer Pricing Taxation on the Performance Control of Japanese Foreign Subsidiaries", Makoto Tomo and Anson Yoshiharu Matsuoka", Japanese Management and International Studies Lean Management of Global Supply chain, World Scientific (2015).
・「多元的ステークホルダーに対応する経営情報開示とグローバル統合経営 -オムロンのハイブリッドな経営・報告システム-」、Business research (1057), pp.68-76, 2014-07。
・「脱工業化社会の下での国家政策と企業活動-フィンランドを中心として」、単著、
成城大学「社会イノベーション研究」Vol.7 No.1(2012/1)。
・「持株会社本社の統治力としての求心力とは何か—その基盤としてのMCSの考察—」、共著、Vol.5 No.1(2012/3)、メルコ管理会計研究(メルコ学術振興財団)。
・「純粋持株会社制における人事・資本コントロール」、共著、産業経理、Vol.71 No.1 (2011/5)。
所属学会:
日本会計研究学会、日本原価計算研究学会、日本管理会計学会、日本証券アナリスト協会検定会員

page top