「成城 学びの森」オープン・カレッジ

講演風景

2018年度 オープン・カレッジ開催風景

第1回 御徒町 凧 氏 路傍の歌 ~これまでとこれから、でもやっぱり、今~

10月6日(土)、詩人の御徒町 凧(おかちまち かいと)氏を講師にお迎えして、今年度第1回オープン・カレッジを開催いたしました。当日は大勢の方にご来場いただき、盛会となりました。
幼少期より普段の生活の中で、閃いたりとんできたりするイメージを、教科書やノートの端くれに書き始めていたという御徒町氏。
詩人と名乗り始めた10代。詩と出会った頃のこと。
成城学園に高校から入学し、新たな学校生活を送る中で、頭の中から知らずにはみ出ていた鼻歌がきっかけでバンドのボーカルをやることになったこと。
かっこ良さを求める高校生達が、洋楽のコピーに飽き足らずにオリジナルを創ろうとなった時に、「曲はできそうな気がするけれど歌詞はちょっと…」という仲間の言葉を受け、「詞なら俺が書くよ」ということで、曲の詞を書くようになった経緯も語られました。
その流れとは別に、なんとなくサッカー部に入部した御徒町氏は、そこで一つ上の先輩:森山直太朗氏に出会うことになります。
お母さまが有名な歌手であることも知らずにおうちに入り浸っている内に、いつしか路上ライブをやるようになっていく二人。
そんな出会いの連鎖から、紡がれ広がっていった活動について、自身のバンド活動や楽曲制作、舞台・コンサートの演出など、順を追い、貴重な当時の記録映像を交えながら語っていただきました。
そして、核となる詩について、詩人としての生活についてもお話しいただきました。
最後には、後方で聴講していた森山直太朗氏が壇上に呼ばれ、一曲弾き語りで演奏していただくというサプライズもあり、大感激・大拍手の内に講演会の幕がおりました。


  • 「バンドやるにはボーカルがいないとなぁ…。」
    「あ、いつも廊下を歌って歩いている外部生はどうかな?!」
    「それだ!」という感じで、バンドに入ったんですよね。


  • 御徒町氏が作・演出を手がけた森山直太朗劇場公演『森の人』(2005年)より。
    「自分達の中にある演劇的嗜好性をより発揮できるステージを作りたい」という思いから始めた、音楽と演劇の舞台。
    「苦しかったけど、ここで培った“劇場公演”という表現の形は、今となっては、僕と直太朗のライフワークになっている」と御徒町氏は語った。
    昨年秋にも劇場公演最新作『あの城』が本多劇場で上演されている。


  • 詩を朗読する御徒町氏。
    声の響きとともに言葉が届きます。

【第1回講演会アンケートより抜粋】

◆詩、舞台との出会いなど、系譜をたどったお話が聴けて大変興味深かったです。
◆御徒町さんと森山さんの必然の関係性が素晴らしい。
◆楽しいお話、詩の朗読も素敵でした。直太朗さんの生の歌も聴けて最高でした。
◆“表現’について考えられる時間になりました。“表現すれば表現される”これからも自分の感情を表現していきたいと思います。
◆興味ある人の半生をたどる、まさにその様子をうかがうことができ大変うれしい。人の思想に触れると自分にも共通する部分があり私自身を振り返るきっかけにもなった。それがなぜか心地よい。
◆詩人として生きている御徒町凧さんの言葉に触れたいと、参加を希望しました。これまでのことを振り返る時の表情や声、目元に、講演を聴きながら、一緒に時をもどれた感覚にもなりました。もちろん、タイトルにもある「今」いまこぼれている感情もそっとみれたような、大変貴重なひとときでした。

page top