Seijo Glocal Studies in Society and Culture

英文研究叢書、Seijo Glocal Studies in Society and Cultureシリーズ刊行情報

◆Tomiyuki Uesugi and Mari Shiba (eds.), Glocal Perspectives on In tangible Cultural Heritage: Local Communities, Researchers, States and UNESCO, with the Special Focus on Global and National Perspectives, Tokyo: Center for Glocal Studies, Seijo University, 129p.


 成城大学グローカル研究センター(CGS)では、このたび、英文研究叢書シリーズの1冊として、Tomiyuki Uesugi and Mari Shiba(編)の,Glocal Perspectives on In tangible Cultural Heritage: Local Communities, Researchers, States and UNESCO, with the Special Focus on Global and National Perspectives を刊行しました。
 本書は、グローカル研究センターが、2017年2月に主催した公開国際シンポジウム(プレ・シンポジウム)、Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage Local Communities, Researchers, States and UNESCO(「無形文化遺産をグローカルに見る——地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用——」)の研究成果を編んで刊行したものです。

◆Michael Kuhn and Shujiro Yazawa (eds.), Theories about and Strategies against Hegemonic Social Sciences. Tokyo: Center for Glocal Studies,Seijo University, ii+218p.
(Foreword by Tomiyuki Uesugi)


叢書2成城大学グローカル研究センター(CGS)では、このたび、英文研究叢書の第2冊目として、Michael Kuhn and Shujiro Yazawa(編)のTheories about and Strategies againstHegemonic Social Sciences.を刊行しました。
 本書は、グローカル研究センターが、ドイツのWorld Social Sciences and Humanities Network (World SSH Net)とともに2012年5月に共催したThinkshop、Theories about and Strategies against Hegemonic Social Sciences で発表された研究成果を編んで刊行したものです。日本やドイツの研究者の他、アフリカや南/東/東南アジア、中米の研究者が、社会科学における欧米の「覇権」といかに対抗するのかという戦略を理論的に検討しています。

The Center for Glocal Studies (CGS), Seijo University, Tokyo, Japan, has recently published,in its occasional monograph series, a collection of papers presented at the first Thinkshop of the World Social Sciences and Humanities Network (World SSH Net), which was held at the CGS in Tokyo in May 2012.
 Up‒loaded, please find a PDF of the volume entitled Theories about and Strategies against Hegemonic Social Sciences. In it, the editors, Michael Kuhn and Shujiro Yazawa,and the authors from Europe, Africa, South/East/Southeast Asia and Central America explore theories about and strategies against hegemonic social sciences.

残部がありますので、ご希望の方は、成城大学グローカル研究センター(glocalstudies@seijo.ac.jp)までご連絡ください。

◆Monika Salzbrunn & Yasumasa Sekine,From Community to Commonality: Multiple Belonging and Street Phenomena in the Era of Reflexive Modernization. Tokyo: Center for Glocal Studies, Seijo University, vi+103p. (Foreword by Tomiyuki Uesugi).


成城大学グローカル研究センター(CGS:Center for Glocal Studies)では、このたび、英文による「成城グローカル研究叢書」(Seijo Glocal Studies in Society and Culture)を創刊し、その第1号として、Monika Salzbrunn and Yasumasa Sekine著、From Community to Commonality: Multiple Belonging andStreet Phenomena in the Era of Reflexive Modernizationを刊行しました。
本書は、グローバル化の影響がもっとも先鋭化している世界都市(グローバル・シティ)を対象とし、それぞれの都市に特有な境界ないし接触現象(local and marginal phenomena)を「ストリート」と「複数帰属」をキーワードとして読み解くという斬新かつ独創的な取り組みとなっています。
本書はまた、今日のより流動的・動態的な社会・文化を研究するものとして、これまでの固定的・静態的な共同体(コミュニティ)概念に代えて共同性(commonality)概念を核に据えた新たな人類学を構想するきわめて野心的な試みともなっています。

本書をご希望の方は、成城大学グローカル研究センター(glocalstudies@seijo.ac.jp)までご連絡ください。なお、数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もありますので、その節はご容赦ください。また、ご笑覧いただき、忌憚のないご意見・ご批判等を賜れば幸いです。

page top