NEWS

  • 2017.10.05

    CGSのシンポジウムが海外サイトで紹介されました—グローカル研究センター

成城大学グローカル研究センター(CGS)が7月に開催した国際シンポジウムGlocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage: Local Communities, Researchers, States and UNESCO(「無形文化遺産をグローカルに見る—地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用—」)と、それに先立ち2月に実施された同名のプレ・シンポジウム及びその報告書が、海外の無形文化遺産研究グループ、ACHS (Association of Critical Heritage Studies、「批判的遺産研究学会」)Intangible Cultural Heritage NetworkのNewsletterで、「Glocal Perspectives on Safeguarding ICH(無形文化遺産保護をグローカルに見る)」と題して紹介されました。

ACHS Intangible Cultural Heritage Network Newsletter

page top