NEWS

  • 2019.06.19

    最新のイノベーションに触れる—社会イノベーション特殊演習-

成城大学社会イノベーション学部「社会イノベーション特殊演習」では、企業とコラボレーションしながらイノベーションの可能性や課題、社会や経済に及ぼす影響などについて考察する授業を行っています。本科目は今年で4年目。今回初めて社会イノベーション学部の卒業生で現在、ご自身渋谷で起業・経営されている渡辺大瑛氏を講師としてお招きしました。テーマは「営業のためのイノベーション」。Sales Techといわれるこのメカニズムはこれまで製造業(工場)、流通・小売が対象だったイノベーションを「営業」の分野にまで広げた新しいテクノロジーです。アメリカでは浸透してきているものの、日本ではまだ認知度が低いSales Techをいち早く授業に取り入れ、学生たちが最新のイノベーションを学ぶ機会となりました。6月17日の授業ではSales Techの理解を深めるため、学生が大学生活の中で日頃感じている課題をAIでどのように解決していくか、という演習をチームに分かれて取り組みました。渡辺氏からアドバイスをもらいながら活発な議論をすることができました。次週は選んだテーマのサービス内容・利用目的・シーンを深掘りして最終的な企画提案プレゼンテーションに仕上げます。さらに英語でのプレゼンテーションも予定しており、先端的でグローバルな学びが実現しています。

page top