NEWS

  • 2017.06.08

    新しい本との出会い~知的書評合戦ビブリオバトル

6月6日、図書館アクティブラーニングエリアでビブリオバトルが開催されました。この企画を主催したのはライブラリー・サポーター。ライブラリー・サポーターとは、図書館の利用を促し多くの学生に本に親しんでもらうためのイベントなどを企画・運営する学生たちで、今年は約40人のメンバーがいます。このビブリオバトルもその一環として開催されました。
ビブリオバトルは、「バトラー」と呼ばれる発表者たちが、面白いと思う本の魅力を5分間で紹介。その後、約2分間の質疑応答で本の魅力をさらに深掘りし、最後に「読みたくなった」と思った聴衆の投票数でチャンプ本を決めます。
今回のバトラーは7人。主に1年生が中心で、ほとんどがビブリオバトル“デビュー戦”。「緊張する」と言いながらも堂に入った説明でした。紹介する本も、小説はもちろんのこと、ノンフィクションや解説書、事典や専門書と多岐に渡り、興味の幅と旺盛な探究心も聴衆を楽しませます。
白熱のバトルの結果は・・・チャンプ本として図書館に展示されますのでお楽しみに。もちろん他の紹介本もすべて展示する予定です。学生の皆さんはぜひ手に取ってみてください。本との新たな出会いは世界を広げてくれることでしょう。

page top