NEWS

  • 2015.10.08

    成城大学次期学長に戸部順一教授を選任

 成城大学(東京都世田谷区 学長:油井 雄二)は、油井雄二現学長(2期6年)の任期満了に伴い、2015年10月6日(火)文芸学部戸部順一教授に決定しましたことをご報告いたします。任期は2016年4月1日から2019年3月31日までの3年間となります。
 尚、現学園長・学長の油井雄二は2016年4月以降も本学教授として引き続き教鞭を執ります。


新学長プロフィール

氏名:戸部 順一(とべ じゅんいち)[文芸学部ヨーロッパ文化学科]

【生年月日】昭和26年 4月22日生まれ。神奈川県出身(64歳)
【最終学歴】昭和50年 東京大学文学部卒業(西洋古典学専修)
      昭和53年 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(西洋古典学)
      昭和58年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学(西洋古典学)

【職  歴】平成 6年 4月 成城大学文芸学部助教授
      平成13年 4月 成城大学文芸学部教授(現在に至る)
      平成15年 4月 成城大学学生部長(平成16年3月まで)
      平成16年 4月 成城大学文芸学部長(平成20年3月まで)
      平成24年 4月 成城大学文芸学部長(現在に至る)

【所属学会】日本西洋古典学会、地中海学会、philologica等

【主要業績】
論文等(過去10年)
・「西洋古典学は面白い!partⅠ—映画『テルマエロマエ』の冒頭シーンから」
(『西洋古典のすすめ シリーズ・ヨーロッパの文化2』所収)成城大学文芸学部 平成27年
・「西洋古典学は面白い!partⅡ—少し本格的な観察」
(『西洋古典のすすめ シリーズ・ヨーロッパの文化2』所収)成城大学文芸学部 平成27年
・「アリストパネス喜劇の外国人」(『ヨーロッパ文化研究 第31集』所収) 平成24年
・「着るのか脱ぐのか?アリストパネス作『女の平和』645行の読みについて」
(『ヨーロッパ文化研究 第30集』所収) 平成23年
・「メガラ男の悲哀—Ar.Ach.ll.719-816の分析」(『西洋古典学の明日へ』所収)知泉書館 平成22年
・「ゆりの声」(『ヨーロッパ文化研究 第27集』所収) 平成20年

翻訳
・アリストパネス『女の平和』:(『ベストプレイズ 西洋古典戯曲12選』所収)論創社 平成23年
・ポリュアイノス『戦術書』 国文社 平成11年
・『ギリシア悲劇全集13 群小詩人断片』(共訳) 岩波書店 平成4年

page top