イベント

  • 前の記事
  • 研究会「被災と復興の記憶 -アーカイブする、継承する」
    開催日:2019.09.28

  • 次の記事

9月28日(土)に成城大学で「被災と復興の記憶-アーカイブする、継承する」と題した研究会を開催します。

研究会では、2018年度の授業で訪問した仙台の「わすれン!」に、3.11の直後から関わられてこられた甲斐賢治氏、
また授業では訪問しませんでしたが岩手県宮古市の大津波を生き抜いた神楽のドキュメンタリー映画監督の遠藤協氏をゲストに、
無形文化の継承や災害の記憶、伝承について考えます。

現場で扱っていたテーマや訪問した場所と深く関わる内容となっていますので、関心のある方は是非お越しください。
参加費無料、事前登録なし。第1部のみ、第2部のみという参加でもOKです。

日 時:2019年9月28日(土)14:00-15:50、第2部 16:00-18:30
場 所:成城大学8号館ラウンジ#8(小田急線「成城学園前駅」下車、徒歩5分)http://www.seijo.ac.jp/access/
主 催:成城大学グローカル研究センター私立大学ブランディング事業生活資源研究グループ
世話人:標葉隆馬(成城大学文芸学部 准教授)

本研究会に関するお問い合わせ先:

標葉 隆馬 r_shineha[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

研究会スケジュール

14:00-14:10 趣旨説明

第一部 アーカイブするということ
14:10-15:30 甲斐賢治氏 ご講演
「3がつ11にちをわすれないためにーーコミュニティ・アーカイブの試み」
https://recorder311.smt.jp/

15:30-15:50 質疑応答

(15:50-16:00 休憩)

第二部 文化を継承するということ
16:00-17:30 「廻り神楽」上映会(震災後の郷土芸能-岩手県宮古市の黒森神楽-の復興に関する映像作品)
https://www.mawarikagura.com/

17:30-18:00 遠藤協氏(「廻り神楽」共同監督/プロデューサー) ご講演

18:00-18:30 俵木悟教授(民俗学者)コメント・総括

イベント一覧

page top