イベント

  • 前の記事
  • 成城大学グローカル研究センター国際ミニ・シンポジウム Theories and Practices of Glocalization Studies in Europe and East Asia 「ヨーロッパと東アジアにおけるグローカル研究のいま—理論と実践—」 【終了しました】
    開催日:2017.12.09

  • 次の記事

成城大学グローカル研究センターは下記のとおり、国際ミニ・シンポジウムを開催いたします。みなさま、ご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。
なお、参加申し込みは不要です。直接、会場までお越しください。報告は原則として英語で行われます。
Seijo University Center for Glocal Studies (CGS) is pleased to host the international mini-symposium, entitled "Theories and Practices of Glocalization Studies in Europe and East Asia" on December 9 (Sat), 2017. We look forward to your attendance at the event and encourage you to forward this information to your colleagues may be interested in attending.
[No Pre-Registration Required; Admission Free]

 

日 時:2017年12月9日(土)13:00-17:00
会 場:成城大学 7号館2階 723教室
    成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
主 催:グローカル研究センター(CGS)
使用言語:英語

◆お問い合わせ先
成城大学 グローカル研究センター
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1497 FAX:03-3482-9740
E-mail: glocalstudies[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

This symposium is held as part of MEXT's Private University Research Branding Project.
本シンポジウムは「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

◆国際ミニ・シンポジウム開催趣旨 The Rationale for the Mini-Symposium
21世紀に入り、反グローバル化・反グローバリズム運動が世界的な広がりを見せている。2017年、英国にて「ブレクジット(Brexit:英国のEU脱退」がついに選択されたのに続き、米国では保護主義を唱えるトランプ氏が大統領選を勝ち抜く結果となった。その際、コメンテーターの中には、これらの出来事は歴史的転換点であったと社会政治学的視点より分析し、さらにはグローバル化・グローバリズムの「終焉」の予兆であるとさえ述べている者もいた。たしかにグローバル化の進行過程は停滞している面もあるだろう。しかし社会的・政治的・経済的な面において、グローバル化は留まることはないという事実を我々は認めざるを得ず、かつそれは前述の反グローバル化・反グローバリズム運動がグローバルに広がり続けている事態を我々が目撃してきたことからも、その事実——グローバル化は留まることなく伸張しつづける——を受け入れざるを得ないだろう。同時に我々は、いわゆる伝統的な「中心志向性」をもつグローバル化・グローバリズムの視点、そして徐々に認識されつつある反グローバル化・反グローバリズムからの応酬ともいうべき反応、その両方もしくはいずれか一方のみでは、現状を理解するには不十分であるという認識を持つ必要があるだろう。そしてそれこそが、今回開催する国際ミニ・シンポジウムの登壇者たちがこれまで〈グローカル化〉の理論化と実践を試みてきた次第である。今回成城大学グローカル研究センター(Center for Glocal Studies: CGS)が主催するミニ・シンポジウムでは、欧州および東アジアにおける〈グローカル化〉研究の現在、その理論と実践を取り上げる。この機会に、我々が〈グローカル化〉研究において取り組んでいる命題、そして本研究に期待しうる可能性について討議したい。
Since around the turn into the twenty-first century, anti-globalization/anti-globalism movements have become prevalent everywhere in the world. When the Brexit (British exit from the European Union) was finally chosen in the United Kingdom followed by the advent of protectionist Donald Trump’s administration in the US in 2017, some socio-political commentators analyzed those incidents as a historical turn and even went to the extent to predicting that they might herald the “End” of globalization/globalism. Certainly, some aspects of the globalization process seem to be a little bit stagnated. However, we confirm that globalization as a socio-politico-economic process itself can never stop as we witness anti-globalization/anti-globalism movements themselves being steadily globalized. At the same time, we realize that the traditional “center-oriented” globalization/globalism perspectives and/or the increasingly acknowledged anti-globalization/anti-globalism responses against them are not enough for understanding the present state of affairs. That is why we the speakers of the symposium formulate theories and practices of glocalization studies. In this half-day mini-symposium at the Center for Glocal Studies (CGS), Seijo University, we will present theories and practices of glocalization studies in Europe and East Asia. In doing so, we will examine the challenges we cope with and the possibilities we can expect of glocalization studies.

◆スケジュール Timetable
[1] 開会の辞 Opening Remarks(13:00-13:10):Tomiyuki Uesugi(Director of CGS, Seijo University, Japan)上杉富之(成城大学「グローカル研究センター」所長)

[2] 基調講演 Keynote Speech(13:10-14:10):Victor Roudometof(University of Cyprus, Cyprus)ヴィクター・ルードメトフ(キプロス共和国・キプロス大学准教授)
  “What is Glocalization? : Six interpretations”(「グローカル化とは何か?—6つの解釈—」) 

[3] 第1報告(14:20-14:55): Jang Won-ho (Director, Center for Glocal Culture and Social Empathy, University of Seoul, Republic of Korea) ジャン・ウォンホ(韓国・ソウル市立大学「グローカル文化と社会的共感に関する研究センター」長)
  “Glocal Culture and Social Empathy”(「グローカル文化と社会的共感」)

[4] 第2報告(14:55-15:30):Tomiyuki Uesugi (Director, Center for Glocal Studies, Seijo University, Japan) 上杉富之(成城大学「グローカル研究センター」長)
  “Glocal Studies: Formulated and Practiced at the Center for Glocal Studies, Seijo University, Japan”(「グローカル研究—成城大学グローカル研究センターにおける理論化と実践—」)

[5] 第1コメント(15:40-15:50):Ryuhei Hosoya (School of Global & Community Studies, Fukui University, Fukui, Japan) 細谷龍平(福井大学国際地域学部教授)

[6] 第2コメント(15:50-16:00):Shinya Konaka (Director, Center for Global Studies, Shizuoka University, Shizuoka, Japan)  湖中真哉(静岡県立大学「グローバル・スタディーズ研究センター」長)

[7] 第3コメント(16:00-16:10):Kazuhisa Nishihara (Faculty of Social Innovation, Seijo University, Tokyo, Japan)  西原和久(成城大学社会イノベーション学部教授)

[8] 全体討議・閉会の辞(16:10-17:00):General Discussion/Closing Remarks


Chair司会
Dennis Riches デニス・リチェズ(成城大学 社会イノベーション学部教授)

イベント一覧

page top