イベント

  • 前の記事
  • 2017.04.15

    成城大学グローカル研究センター(CGS)シンポジウム
    ユネスコの無形文化遺産保護をめぐる 「当事者」と「文化仲介者」としての実務担当者の役割

    開催日:2017.05.13

  • 次の記事

成城大学グローカル研究センターは下記の通り、シンポジウムを開催いたします。みなさま、ご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。
参加費無料、参加申し込みは不要です。直接、会場までお越しください。

成城大学グローカル研究センター(CGS)主催シンポジウム
ユネスコの無形文化遺産保護をめぐる「当事者」と「文化仲介者」としての実務担当者の役割

◆日時:2017年5月13日(土)10:30—17:00
◆会場:成城大学 3号館3階大会議室
成城大学へのアクセス
(小田急線「成城学園前」下車徒歩5分)

◆問い合わせ先
成城大学 グローカル研究センター
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1497 FAX:03-3482-9740
E-mail: glocalstudies[at]seijo.ac.jp
[at]を@に変更してください。

*使用言語:日本語

 成城大学グローカル研究センター(CGS)では、当センターが提唱し推進している「グローカル研究」(グローバル化とローカル化が同時かつ相互に影響を及ぼしながら進行するグローカル化現象に関する研究)の一環として、このたび、「ユネスコの無形文化遺産保護をめぐる『当事者』と『文化仲介者』としての実務担当者の役割」と題するシンポジウムを開催することになりました。ユネスコの無形文化遺産保護条約が成立・発効して10年以上が経過した今日、グローバルに拡大・浸透したユネスコ無形文化遺産保護の理念や文化政策が、それを受け入れたローカルな場(各国政府や地方自治体、無形文化遺産を保持、継承するコミュニティなど)にさまざまな影響を及ぼしています。その実情や実態を、これまで十分には議論されてこなかった「当事者」と「文化仲介者」としての実務担当者の役割に焦点を当てて明らかにし、今後のより良いユネスコ無形文化遺産保護のあり方を考えてみようというのが本シンポジウム開催の趣旨です。

本シンポジウムは「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

イベント一覧

page top