イベント

  • 前の記事
  • 成城大学グローカル研究センターシンポジウム
    「Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage Local Communities, Researchers, States and UNESCO」
    【終了しました】
    開催日:2017.02.18~02.19

  • 次の記事

成城大学グローカル研究センターは下記の通り、シンポジウムを開催いたします。みなさま、ご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。なお、参加申し込みは不要です。直接、会場までお越しください。

成城大学グローカル研究センターシンポジウム

「Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage Local Communities, Researchers, States and UNESCO」
「無形文化遺産をグローカルに見る —地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用—」

◆Date :18-19 February 2017
◆Venue:Room 731, Bldg. No.7, Seijo University, Tokyo, Japan
◆Origanzer: Seijo University, Center for Glocal Studies (CGS)

◆日時:2017年2月18日(土)、2月19日(日)
◆会場:成城大学 7号館 731教室
◆主催:成城大学グローカル研究センター(CGS)

成城大学へのアクセス
(小田急線「成城学園前」下車徒歩5分)

*18日は一般参加歓迎・入場無料 。英語話者による報告が中心の研究集会です。
*19日は一般非公開です。お間違えないようお願い申し上げます。
*本シンポジウムは「平成28年度私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

グローカル研究センター シンポジウムサイトへはこちらから

◆問い合わせ先
成城大学グローカル研究センター
〒157-8511
東京都世田谷区成城6-1-20
TEL / FAX 03-3482-1497

メールでのお問い合せはこちらから

Introductory Remarks

Noriko AIKAWA-FAURE(Former Director/Chief, Intangible Heritage Section, UNESCO)

Presenters

Antonio A. ARANTES (Past-President of Brazilian Anthropological Association/
Latin American Anthropological Association, Brazil)
Michael D. FOSTER (University of California, Davis, USA)
Chao GEJIN (Chinese Academy of Social Sciences, China)
Hanhee HAHM (Chonbuk National University, Republic of Korea)
Marc JACOBS (Vrije Universiteit Brussel, Belgium)

Commentators

Satoru HYOKI(Seijo University, Japan), Taku IIDA(National Museum of Ethnology, Japan)

Invited Participants

Himalchuli GURUNG(UNESCO Beijing Office), Shigeyuki MIYATA(Agency for Cultural Affairs, Japan)
Tomo ISHIMURA(Tokyo National Research Institute for Cultural Properties, Japan)
Wataru IWAMOTO(International Research Centre for Intangible Cultural Heritage in the Asia-Pacific Region, Japan)

Moderators

Tomiyuki UESUGI(Seijo University, Japan)
Michael D. FOSTER (University of California, Davis, USA)

イベント一覧

page top