イベント

  • 前の記事
  • 文芸学部講演会『イスラエルにおける漫画・コンテンツの状況と表現の意味』【終了しました】
    開催日:2016.02.25

  • 次の記事

成城大学文芸学部では、外務省第9回国際漫画賞受賞作 The Divine の作者である、アサフ・ハヌカ(Asaf Hanuka)氏ならびにボアズ・ラヴィ(Boaz Lavie)氏をお迎えして講演会を行います。
講演者のお二人には、受賞作であるThe Divine に込めたメッセージ、そしてイスラエルにおける漫画メディアの状況についてお話いただきます。
イスラエルにおける漫画文化にふれる貴重な機会となると同時に、漫画という身近なコンテンツが持つ表現/言論の可能性について考えるための場となればと考えています。
皆さまの奮ってのご参加をお待ちしております。
※本作 The Divine は、New York Timesのグラフィックノベル部門のベストセラーの一つとなるなど、欧米を中心に話題となっている。

登壇者:外務省第9回国際漫画賞受賞The Divine作者
アサフ・ハヌカ(Asaf Hanuka)氏、ボアズ・ラヴィ(Boaz Lavie)氏

日時: 2016年2月25日(木)13:30~15:30
場所: 成城大学3号館2階 321教室

13:30 ~ 13:35 イントロダクション
13:35 ~ 14:50 講演 
アサフ・ハヌカ(Asaf Hanuka)氏、ボアズ・ラヴィ(Boaz Lavie)氏
◆第9回国際漫画賞受賞 The Divine について
◆イスラエルにおける漫画・コンテンツについて

コメント:Roland Kelts 氏(作家)

14:50 ~ 15:30 質疑応答


後援:駐日イスラエル大使館
協力:独立行政法人・国際交流基金

問い合わせ先:
成城大学文芸学部・標葉隆馬(しねは りゅうま)
TEL:03-3482-9476
E-mail: r_shineha@seijo.ac.jp

イベント一覧