イベント

  • 前の記事
  • International Symposium on Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage : Local Communities, Researchers, States and UNESCO
    無形文化遺産をグローカルに見る—地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用—
    【終了しました】
    開催日:2017.07.07~07.09

  • 次の記事

Seijo University Center for Glocal Studies (CGS) is pleased to co-organize/host the international symposium, entitled "Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage: Local Communities, Researchers, States and UNESCO" on July 7 (Fri) - 8 (Sat), 2017. The post-symposium excursion to Sagami Puppet Theater is taking place on July 9 (Sun) in Atsugi-city. We look forward to your attendance at the events and encourage you to forward this information to your colleagues may be interested in attending.
Please visit the symposium website for more details: https://sites.google.com/view/seijo-gpich2017/
[No Pre-Registration Required; Admission Free]

成城大学グローカル研究センターは下記の通り、国際シンポジウムを開催いたします。みなさまご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。
参加費無料、参加申し込みは不要です。直接、会場までお越しください。

Seijo University Center for Glocal Studies (CGS) Co-Organizing International Conference on "Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage : Local Communities, Researchers, States and UNESCO”

◆Date :July 7 (Fri) - 9 (Sun) , 2017
◆Venue

 Day1/Day2:Seijo University, Main Administrative Office Bldg 3F, Main Meeting Room (for the symposium on July 7-8)
 Day3:Atsugi Southern Community Hall and Community Civic Center (for Sagami Ningyo Shibai as Post-Symposium Excursion on July 9)

◆Organizer:Seijo University Center for Glocal Studies (CGS); International Research Centre for Intangible Cultural Heritage in the Asia-Pacific Region (IRCI); Agency for Cultural Affairs, Japan
Access to the symposium venue, Seijo University:The nearest station is Seijo-Gakuen-Mae station, a four-minute walk to the campus. It takes approximately fifteen minutes via Odakyu-Line from Shinjuku station to Seijo-Gakuen-Mae station.
Language: English (English-Japanese simultaneous interpretation will be provided.)

無形文化遺産をグローカルに見る
—地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用—

◆日時:2017年7月7日(金)- 9日(日)
◆会場:2017年7月7日(金)、 8日(土)成城大学 法人棟3F大会議室、
    2017年7月9日(日)厚木南公民館体育室
◆主催:グローカル研究センター(CGS)、アジア太平洋無形文化遺産研究センター(IRCI)、文化庁
成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
使用言語:英語(日本語の同時通訳があります)。9日は日本語の人形芝居です。

 成城大学グローカル研究センター(CGS)では、当センターが提唱し推進している「グローカル研究」(グローバル化とローカル化が同時かつ相互に影響を及ぼしながら進行するグローカル化現象に関する研究)の一環として、このたびアジア太平洋無形文化遺産研究センター(IRCI)並びに文化庁との共催で "Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage: Local Communities, Researchers, States and UNESCO” 「無形文化遺産をグローカルに見る—地域社会と研究者、国家、ユネスコの相互作用—」と題するシンポジウムを開催することになりました。ユネスコの無形文化遺産保護条約が成立・発効して10年以上が経過した今日、グローバルに拡大・浸透したユネスコ無形文化遺産保護の理念や文化政策が、それを受け入れたローカルな場(各国政府や地方自治体、無形文化遺産を保持、継承するコミュニティなど)にさまざまな影響を及ぼしています。その実情や実態を、これまで十分には議論されてこなかったアジア太平洋諸国の実例を中心に明らかにし、今後のより良いユネスコ無形文化遺産保護のあり方を考えてみようというのが本シンポジウム開催の趣旨です。

This symposium is held as part of MEXT's Private University Research Branding Project.
本シンポジウムは「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

問い合わせ先

成城大学 グローカル研究センター
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1497 FAX:03-3482-9740
E-mail: glocalstudies[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

イベント一覧

page top