NEWS

  • 2019.01.21

    応用経済学特別講義III/Cで東京税理士会寄附講座を開講しました

 成城大学経済学部では、応用経済学特別講義III/Cで東京税理士会寄附講座を開講しました。講座では、毎回租税教育プロフェッショナルの税理士の方々にゲストスピーカーとしてお越しいただき講義いただいた他、講義中のディスカッション、アクティブラーニングなどを通して日本の税制の基礎をしっかりと学ぶことができました。講義で学んだ税に関する知識を踏まえて、12月20日と1月10日の両日には所得税、法人税、消費税、資産課税、地方税にチーム分けして学生によるプレゼンテーションも行い、日本の税制に関して自分たちの意見を交換し合いました。また、最終回の講義では、「税制改革の現場を学ぶ」として、財務省の税務担当者の方から来年度の税制改正に関する講演をしていただき、今日のわが国の税制が財政や経済およびそこでの課題と深く結びついている点を学ぶことができました。
 応用経済学特別講義III/Cでの東京税理士会寄附講座は次年度も開講を予定しております。税を入り口に、経済および経済学を学びたい人は、是非受講してください。

page top