NEWS

  • 2018.05.01

    中田真佐男教授が委員を務めた一般社団法人全国銀行協会の金融調査研究会第1研究グループが提言を取りまとめました。

経済学科の中田真佐男教授が委員を務めた一般社団法人全国銀行協会の金融調査研究会第1研究グループが、提言「キャッシュレス社会の進展と金融制度のあり方」を取りまとめました。

金融調査研究会 第1研究グループ
(座長) 清水 啓典 一橋大学名誉教授
(委員) 小野 有人 中央大学商学部教授
     北村 行伸 一橋大学経済研究所教授
     中田 真佐男 成城大学経済学部教授
(研究員)岡田 仁志 情報・システム研究機構国立情報学研究所准教授

全国銀行協会 プレスリリース
https://www.zenginkyo.or.jp/news/detail/nid/9512/
提言本文
https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news300437_1.pdf

page top