NEWS

  • 2017.02.14

    学園高校3年生対象キャリアサポートプログラム「MAP HIGH」開催

 とある大学生活に関する大学生への調査で「これまでの大学生活で後悔していることはありますか?」という問いに「Yes」と答えた学生は実に64.9%にのぼっています。
 このデータを示しながら、キャリアセンターでは1月24日を皮切りに4日間にわたって、4月から成城大学へ進学予定の学園高校3年生を対象にしたキャリアサポートプログラム「MAP HIGH」を開催しました。「MAP」とは「My Advanced Program」の略。「自分を知ること」「他者を知ること」「社会を知ること」をテーマに成城大学が成城大生のために実施してきたキャリアサポートプログラムで、その高校生版が「MAP HIGH」です。グループワークやディスカッションを通じて「大学へ進学するということ」「大学で学ぶということ」について考えてもらいました。
 自己紹介や人の話を聞く姿勢など、コミュニケーションの基本を学んだり、実際にテーマを与えてディスカッションも行いました。「プロポーズに指輪はいる?いらない?」というテーマについて、グループごとに議論。「お金じゃない」「一生に一度だから」「渡す場所とかによる?」などさまざまな意見を出し合ってまとめ、みんなの前で発表します。経済学部に進学予定の生徒たちには「会社を経営するにあたってヒト・モノ・カネどれがもっとも重要か?」という少し専門的なテーマを与え「ヒト」や「カネ」を選んだ生徒たちが、堂々と意見を主張する姿に成長の跡が見られました。
 「大学は選択の連続。目的を持つことが大事」。有意義で後悔のない大学生活を送るためには、自分が何に興味を持ち、何を学び、そこから将来にどう結び付けていくかを考えていかなければなりません。講義には就業力サポーターの大学生がサポーター役として参加。大学で何を学んでいるか、学生生活、アルバイトなど高校生と交流しながら生の声を届けました。漠然と大学で学ぶのではなく、このような機会を通じてより充実した大学生活を送ってもらえたら嬉しいです。

成城大学キャリアセンター


  • 高校生に様々な課題を示しました


  • 大学生と一緒にディスカッション


  • 話が盛り上がりました


  • 学生生活など生の声を届けました

page top