特集2 ここがポイント!2021入試 成城大学への出願の際に参考になる情報をお届け!あなたにぴったりの入試を見つけてください。

  • できるだけ早く合格を決めたいです。

  • 総合型選抜(旧AO入試)は11月に合格が決まります。

総合型選抜は学部によって外国語の検定試験スコアや課題図書に基づく論述、面接など様々な独自の方法で選抜します。
大学で学びたいことが明確な人におススメな選抜方式です。

  • 全学部統一選抜ってどんな方式ですか?

  • 全学部統一選抜(S方式)は1回の試験で全学部学科に出願できる選抜方式です。

受験科目は2教科のみですのでトータルの試験時間が短く、午後からの試験開始としています。
試験会場も成城大学に加え札幌、さいたま、千葉、横浜、長野、静岡、福岡の全国各地に設けています。
2月の入試スタート時期にご自宅の近くで負担が少ない形で受験できる点がおススメです。
また、外国語と国語の2教科試験なので、社会や数学が苦手な人にもチャンスがあります。
さらに2020年度入試の倍率は4.1倍、得点率は72.6%でした。2019年度入試と比べて倍率が2.8ダウン、得点率が1.6%ダウンと大きく下がった点にも注目です。

  • 学部別選抜で合格のチャンスを広げたいです!

  • 学部別選抜(A方式)は3教科型と2教科型の併願がおススメ!

社会イノベーション学部の両学科と、文芸学部の国文学科、英文学科、芸術学科、ヨーロッパ文化学科では、 2教科型を実施しており、これらの学科は、3教科、2教科の教科型の併願が可能です(学科は1つに限る)。
併願しておけば、同一試験日の受験で3教科合計の点数と、外国語・国語2教科合計の点数、両方で合否判定されます。つまり1回の試験で合格のチャンスが2回に!

  • 大学入学共通テストを受ける予定です。

  • B方式は大学入学共通テストの成績だけで出願できます。

学科によって配点傾斜が異なるため、得意科目の配点が高い学科はチャンスです。
また、経済学部の4科目型は、入学手続が国公立前期の合格発表後でも間に合います。
2020年度の倍率と得点率も、全学部統一選抜(S方式)同様下がっている点に注目です。

まとめ

成城大学の選抜方式は様々な特徴があります。自分の得意・不得意を知って、ぴったりな方式で挑戦してください。
自分の実力を知るために、早い時期から過去問題に挑戦してみるのもおススメです。

※2020年5月現在の情報です。出願の際は必ず学生募集要項をご確認ください。