国際交流関連ニュース

  • 2020.06.19

    オンラインで国際交流! —第1回コーヒーアワー—

 成城大学は、5月13日(水)に前期が開講しましたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、対面授業ではなく、遠隔授業を実施しています。学内への入構許可も限定的なため、イベントなどが開催できない状況ですが、そんな中でも留学生と成城生の交流の場を作りたいと、6月17日(水)と19日(金)に、コーヒーアワーをオンラインで開催しました。
 コーヒーアワーとは、飲み物やお菓子を片手に留学生と成城生が交流するイベント。学生で組織する「国際交流サポーター運営局」が主催しています。5年前から行われていますが、オンラインでのコーヒーアワーは初めての試み。2日間で33人の留学生と成城生が参加しました。
 最初に参加者全員がそれぞれ自己紹介した後、3つのグループに分かれてフリートークを楽しみました。遠隔授業が始まって1か月が経ち、学生たちはすっかりオンラインでのやりとりに慣れた様子でコミュニケーションはとてもスムーズです。国際交流イベントに初めて参加する1年生は少し緊張しているようでしたが、国際交流サポーターの上級生が各グループの進行役となって留学生や他の学生へ話題を振るなど上手に心配り。どのグループも趣味や旅行などさまざまな話題で盛り上がり、留学生とはもちろん、学部学科学年を超えて交流を図ることができました。終わった後は「楽しく話せてよかった。やっぱり顔を見て話せると嬉しい」という感想が上がるなど、短い時間ではありましたが、充実した時間となりました。

  • 司会進行を務めた国際交流サポーター運営局の学生が今日の流れを説明
    司会進行を務めた国際交流サポーター運営局の学生が今日の流れを説明

  • 自己紹介が終わったあとに、自然と拍手が出るなど和やかな雰囲気
    自己紹介が終わったあとに、自然と拍手が出るなど和やかな雰囲気

「日本で行ってみたいところは?」「どんな映画がおススメ?」みんな笑顔でフリートーク

page top