国際交流関連ニュース

  • 2020.01.10

    海外で安全な留学生活を送るために -海外危機管理オリエンテーションを行いましたー

 成城大学では、短期語学研修、長期留学、海外インターンシップ等に参加する学生に安全で充実した海外生活を過ごしてもらうことを目的として、渡航前の海外危機管理オリエンテーションを行っています。1月8日(水)、春季休業を利用した短期語学研修、4月からの長期留学で渡航を計画している学生を対象としたオリエンテーションを開催。学生約60名が参加し、海外滞在中に想定されるトラブルと対応についての講習を受けました。
 今回のオリエンテーションは、「海外安全」セキュリティアドバイザーの益永久穂氏を講師に迎え、「海外で被害に遭遇するプロセス」、「セルフディフェンスとは何か」をテーマに講演していただきました。益永氏は警視庁警察官、JICA安全対策アドバイザーのご経歴を持ち、海外でのさまざまな犯罪、事故、トラブル対応に従事されてきました。外国人が狙われやすい犯罪、薬物や性暴力、テロなど、渡航中に想定されるあらゆるリスクと対策について約90分講義いただきました。「犯罪被害に遭遇しないためにはどう振る舞ったらいいの?」「もし犯罪に巻きこまれたらどう行動したらいいの?」といった疑問に実演や経験談を交えながら答えを教えていただきました。海外では、身の周りのリスクを自ら感じ、考えて行動を起こすことができるように、各自がしっかりと「リスクアンテナ」を立てておくことを忘れないで欲しい、と語る益永氏。知っておくことで回避できるリスクやとるべき行動を教えていただく貴重な機会となりました。
 成城大学は、学生が渡航中を安全に過ごし、無事に帰国することを第一優先として、充実した留学生活や海外研修を送れるように全面的にサポートしています。

  • 海外でのさまざまな犯罪手口について教えていただきました 
    海外でのさまざまな犯罪手口について教えていただきました 

  • 海外ではスーツケースやバッグの持ち方にも注意が必要
    海外ではスーツケースやバッグの持ち方にも注意が必要

  • ご自身の体験談や実演なども踏まえてお話しいただきました 
    ご自身の体験談や実演なども踏まえてお話しいただきました 

  • 海外危機管理サポートデスクがどんな相談にも24時間対応してくれる
    海外危機管理サポートデスクがどんな相談にも24時間対応してくれる

page top