SEIJO UNIVERSITY
 

成城大学 文芸学部

文芸学部の「少人数教育」4つのポイント「少人数教育」と打ち出している大学は数多く存在しますが、「文芸学部の少人数教育」はここが違います。

4 キャリアプログラム 将来の自分の姿を具体的にする

CAREER DAY REPORT

知りたいことは3年次に開催されたキャリアデイに参加しました。社会で活躍されている卒業生が、当時の学生生活や今の業務内容についてお話してくださる良い機会です。一方的に聞くのではなく、個別に相談も出来るので、これから始まる就職活動へのモチベーションをあげることが出来ました。東日本大震災や沖縄の米軍基地問題の取材をしたことで、弱者に寄り添った記者になりたいと強く思うようになりました。成城大学は他のキャリアプログラムも充実しているので、入学したら是非利用してみてください。卒業生に直接質問できます。 震災や基地問題をテーマに選び、それが夢へのきっかけにもなりました! 西 由紀恵さんマスコミュニケーション学科4年広島県 広島女学院高等学校出身
文芸学部だけの3つのキャリアプログラム
成城大学全体として1年次から始まる「就業力育成・認定プログラム」がありますが、文芸学部ではさらに独自のプログラムを用意しています。これも「きめ細やかな少人数教育」のひとつ。卒業後の進路を考えることは、自分を知り、社会を知るということです。
学生が有意義に進路を考えられる準備をして、みなさんの入学をお待ちしています。
PICK UP

2013年6月実施の文芸学部キャリアデイ。誰もが不安を抱いている就職活動についてすでに社会人となった先輩たちが的確にアドバイスしてくれる場です。文芸学部で学んだことをどう社会で生かせるのかを考えるきっかけになっています。

PICK UP
プログラムは1〜3年生まであります
フレッシュマンキャンプをはじめとした、キャリア形成のガイダンス 1年入学時
文芸学部の学生としてキャリアをどう考えるのか、学生生活を充実させることがいかに重要かを考える。
キャリアワークショップ 2年
自己分析やグループディスカッションを通じて、キャリア活動において、他の学生を引っ張っていく学生を育成。
文芸学部キャリアデイ 3年
学部独自の公開OB・OG訪問。文芸学部からはばたいて社会で活躍する先輩の話を聞き、質問することで自らのキャリアを具体的に考えてみる。

※プログラムは変更になる可能性があります

文芸学部は就職に弱いと思っていませんか?

文芸学部が就職に強いというイメージを持っている人は少ないかもしれません。しかし、毎年卒業生の就職率は90%以上。
安定して高い就職率を誇っています。文芸学部では、ただ言語や文化を学ぶのではなく、その過程におけるコミュニケーション能力や読解力、文章力など社会に出てからも役立つ力を育むことができるのです。

◯◯学科だからこの職業に就けないということはありません

◯◯学科だから、この職業に就けないということはありません。芸術学科出身の銀行員や、文化史学科出身のアナウンサーといったように活躍している先輩が数多く存在します。学科と職業を結びつける必要はないのです。
何をどのように学び、それがどのように自分の生き方に関わってくるのかが大切なのです。

文芸学部卒業生の主な就職先実績(2013年3月卒業)

業種別就職状況
  • (株)コナミデジタルエンタテインメント
  • 埼玉県教育委員会
  • (株)バンダイナムコゲームス
  • 松戸市役所
  • (株)三越伊勢丹
  • 日本アイ・ビー・エム・サービス(株)
  • 神奈川県教育委員会
  • (株)JTB首都圏
  • (株)千葉銀行
  • 農林中央金庫
  • 三井住友海上火災保険(株)
  • (株)三菱東京UFJ銀行
  • (株)りそなホールディングス 東京本社
  • (株)朝日新聞社
  • (株)サンシャインシティ
  • (株)東京サマーランド
  • (株)マイナビ
  • (財)武蔵野文化事業団
  • 明治安田生命保険相互会社
  • (株)ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)
  • (株)ロフト
  • クラブツーリズム(株)
  • 高松市歴史資料館
  • 東洋水産(株)
  • 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)
  • 横浜商工会議所
  • 大塚食品(株)
  • (株)小田急百貨店
  • (社)共同通信社
  • 警視庁
  • スズキ(株)
  • 全日本空輸(株)
  • (株)東急エージェンシー
  • 日本放送協会(NHK)
  • (株)ホリプロ
  • サントリーホールディングス
  • (株)静岡銀行
  • (株)JALスカイ
  • (株)ファーストリテイリング
  • フィリップモリスジャパン(株)
  • 三井住友信託銀行(株)
  • モロゾフ(株)

内定者の声 地元・福島の病院に内定・就職!

渡辺 智久さん文芸学部英文学科 2014年3月卒業福島県立会津学鳳高等学校出身勤務先:一般財団法人 竹田健康財団

1年次にセミナー参加したことで、
自分の生き方を考えました
1年生の時に、キャリアセンターの開催するセミナー「MAP(My Advanced Project)※」に参加しました。このセミナーでは自分について深く考え、知ることができました。友だちに誘われて軽い気持ちで参加しましたが、“これからの生き方=キャリア”を考えるきっかけとなりました。

※「MAP」は平成23年度をもって終了、平成24年度より新しいプログラム「COMPASS」として開催。

複数の会社より内定を頂き、
憧れの業界と地元貢献で悩みました
英文学科で学んだ成果としてTOEIC750点以上のスコアを取得。少人数のゼミでは、議論する場面で相手の意見を尊重することの大切さも学びました。軽音学部での活動、アルバイト経験…、学生生活のすべてが企業へのPRにつながったと思います。僕は、憧れていた鉄道業界の大手企業と地元の病院や看護学校などを経営する竹田健康財団から内定を頂くことができました。最終的には地元に貢献したいという思いが強く4月より生まれ育った福島に戻り病院職員として働きます。

都内企業より、地元を選びました!

一緒に働いていて
安心してもらえる相手でいたい
英語を学んだのだからと国際的な企業を目指す人が多いかもしれません。これからの時代、英語はどんな企業でも活かせる場面が必ずあると僕は思っています。これからは、病院を利用される地域の方々はもちろん、共に働く方々から信頼される存在になることが目標です。
6学科の紹介
  • 国文学科
  • 英文学科
  • 芸術学科
  • 文化史学科
  • マスコミュニケーション学科
  • ヨーロッパ文化学科

TOPへ戻る