SEIJO UNIVERSITY
 

成城大学 文芸学部

文芸学部の「少人数教育」4つのポイント「少人数教育」と打ち出している大学は数多く存在しますが、「文芸学部の少人数教育」はここが違います。

2 リベラルアーツ教育 幅広い視点での教養を身につける

マスコミュニケーション学科だけど、現代アートも学びました! 学びたいことを学べるのが魅力です私はコピーライターになるという夢を叶えるため、マスコミュニケーション学科に進学しました。コピーライターは広告の印象を左右する重要な仕事。そのために大学で幅広い視野や知識を身につけたいと考えていました。文芸学部では、他学科の授業を多く学べるのが特長。1年次は芸術学科で現代アートについての授業を履修。知識の蓄積を実感することができました。先輩からのアドバイスもあり、文化史学科の「文化人類学」を履修する予定です。大学は色々なものに出会う機会が増えます。せっかく大学に入るなら、積極的に行動することをお勧めします!黛 純太さん マスコミュニケーション学科2年 埼玉県立越谷南高等学校出身

文芸学部のリベラル・アーツとは?
文芸学部では、学生に幅広い視野と教養を身につけてもらうために、他学科の授業を履修※することができます。国文学科だからそれしか学べないということはなく、「国文学科×マスコミュニケーション学科」といったことも可能。授業の選択肢が広いのが文芸学部の特長です。
その他資格についても充実を図るなど、学生の可能性を広げるための挑戦を続けています。 ※履修=単位を修得するために特定の科目を学ぶこと
「文芸講座」で文芸学部の幅広い学びがわかります
文芸学部では6学科で幅広く学びができます。1年次の科目である「文芸講座」では、一つのテーマを6学科それぞれの視点から論じます。文芸学部の学びの広さと深さを体験でき、4年間の学びの基礎となります。
学科を越えての履修と副専攻をもつことができます
文芸学部では学生が広く知識を得ることを応援しています。そのため他学科の専門的な授業を履修することが可能です。これがきっかけでもっと他学科について学びたいときは副専攻という形で、専門的に学ぶことができます。
資格科目が充実しています
文芸学部で取得出来る資格として、下の3つが挙げられます。これらの職業に就きたい、資格を取得したいという学生を応援するため、各種カリキュラムの充実を図っています。
教職課程
中学校・高等学校で教員として働くために必要な資格。(国文学科、英文学科、文化史学科、ヨーロッパ文化学科の4学科のみ)
学芸員過程
博物館で働くために必要な資格。
社会調査士資格
社会調査に関する基礎的な知識・技能、相応の応用力を身につけた人に認められる資格。
生涯学び続けるための力を身につける
6学科の紹介
  • 国文学科
  • 英文学科
  • 芸術学科
  • 文化史学科
  • マスコミュニケーション学科
  • ヨーロッパ文化学科

TOPへ戻る