成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

入試情報

  • 2021.06.01

    2022年度 社会イノベーション学部総合型選抜 変更点および課題図書について

 2022年度 社会イノベーション学部総合型選抜における変更点と課題図書についてお知らせします。なお、募集要項は7月上旬に完成・公開の予定です。公開されましたら、募集要項を熟読のうえ、変更点および課題図書を改めて確認するようお願いいたします。

◆2022年度変更点

 【1】出願資格の要件追加
出願資格として、以下のいずれかの英語検定試験のスコア提出を必須とします。
 
検定試験 スコア
 実用英語技能検定 CSE(2.0)  1,728点以上
 GTEC
(4 技能オフィシャルスコア)
 690 点以上
 TEAP(4 技能)
(TEAP CBT ではない)
 135 点以上
 TEAP CBT  235 点以上
 TOEFL iBT®  30 点以上
 IELTS™  3.0 以上
 ※ 試験結果の有効期限が定められている試験の場合には、出願時に有効な証明書の提出が必要です。試験結果の有効期限が定められていない試験の場合には、スコアの取得時期は問いません。
※ TOEFL ITP®、IELTS™(General Training Module)は対象としません。TOEFL iBT®ではMyBest™ スコアも使用可とします。


 【2】辞書の持ち込みの廃止
一次試験の英語基礎学力審査において、2021年度選抜までは辞書の持ち込みを可としていましたが、今年度より不可といたします。
なお、辞書の持ち込みが不可であることに配慮して出題いたします。

◆2022年度総合型選抜課題図書

2022年度 社会イノベーション学部の総合型選抜における課題図書は次の通りです。

見田宗介(2018)『現代社会はどこに向かうか─高原の見晴らしを切り開くこと』(岩波新書)

曲がり角に立つ現代社会は,そして人間の精神は,今後どのような方向に向かうだろうか.私たちはこの後の時代の見晴らしを,どのように切り開くことができるだろうか.斬新な理論構築と,新たなデータに基づく徹底した分析のもとに,巨大な問いに改めて正面から応答する.前著から約十年,いま,新しい時代を告げる.(カバーそでより引用)
※課題図書は、審査までに、全体の組立まで含めて丁寧に読んでおくこと。