成城の留学プログラム

留学が決まった学生へ

日本と外国では文化や生活習慣においてさまざまな違いがあります。
留学することが決まったら、留学先の生活習慣などについても調べてみましょう。

渡航前に確認しておきたいこと

1.万一の時に備えて(海外生活における留学生本人の危機管理)

海外で学ぶ日本人学生数の増加に伴って、留学・研修中に事件、事故などに巻き込まれるケースは増加の一途を辿り、様々な問題点が指摘されています。特に多発する無差別テロ、大規模災害において、発生状況の把握、情報収集が極めて困難な中で、本人の所在が不明で安否確認が出来ず混乱に拍車を掛けることが挙げられます。また、実際に受傷の程度が重い場合の本人に関わる治療費、入院費は云うに及ばず、事故発生後の捜索・救援費用、日本への移送、家族の現地への渡航費用などが想像を超える莫大な金額に達することについても、一般には十分に認識されていないのが実情です。そこで、そうしたリスクを回避するために、個人の責任において以下の事柄を必ず実行してください。

1.留学生向け海外旅行傷害保険への加入

出発前、留学期間に合わせて然るべき「留学生向け海外旅行傷害保険」に必ず加入して下さい。(AIU、東京海上などキャッシュレスで現地医療機関を利用できる保険が望ましい)

▼

2.留学先住居を国際センターへ登録

留学地に到着後、住居が確定次第、直ちに国際センターまで正確な住所、電話番号(取次ぎの場合も)、メールアドレスを連絡して下さい。転居の場合も同様です。 (国際センター メールアドレス:kokusai@seijo.ac.jp)その際メールはなるべく成城大学のアカウントを使用してください。

▼

3.在留届を領事館・大使館へ提出

万一の場合に邦人保護サーヴィスを受けるために、速やかに最寄の日本大使館領事部又は総領事館に「在留届」を提出して下さい。 (インターネットによる提出も可:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/) その概略を連絡してください。

▼

4.留学先から旅行等の目的で第三国に出かける場合の届出

留学先から旅行等の目的で第三国に出かける場合、若しくは国内であっても通常の滞在場所を一定期間離れる場合は、事前に国際センターに旅行先、日程、連絡先等をわかる範囲で知らせて下さい。

▼

5.帰国日程を国際センターへ報告

留学も終わりに近づき帰国の日程が決まったら国際センターまで報告してください。帰国前に旅行等をする場合も、その概略を連絡してください。

2.新型インフルエンザ発生時の対応について

新型インフルエンザ(H5N1等)が留学先の国、地域へ伝播あるいはそこで発生し、世界保険機構(WHO)が専門分析医療チームによる2週間にわたる現地調査の後にフェーズ4(ヒトーヒト感染が確認された段階)をひとたび宣言すると、当該国においては移動自粛・停止措置がとられ、またその気配を察した外国人(日本人を含む)の出国ラッシュが発生し取り残される恐れがあります。他方、日本側も検疫強化、発生・感染国からの入国禁止など非常手段に出ることが予測されますので、このWHOの現地調査の結論が出される前に帰国など速やかな行動を決断する必要が出てきます。従ってそうした事態が発生した場合は、留学先の公的機関、日本大使館(総領事館)の発表内容、日本の外務省渡航情報(感染症危険情報)、厚生労働省注意情報(検疫強化)など関連情報に十分な注意を払うとともに、大学(国際センター)との連絡を密にしてその判断指示に従ってください。

関連情報

3.留学先で取得した単位の換算のこと

留学先で履修した科目は、帰国後「単位換算願」に留学先が発行する正式の成績表を添えて教務部に提出して下さい。(成績表の入手時期、送り先なども留学先の担当オフィスで確認しておいて下さい。)認定に際しては、参考資料として当該科目の時間割、教科書、関連ノート等が求められる場合があります。各々所属学部の指示に従ってください。また、重量が嵩むために船便を利用する場合には、帰国予定に合わせて早めに手配してください。なお、本学の成績表上では、「不可」以外の科目については、成績の良否に関わりなく単に「認」とのみ表記されますので、予めご承知下さい。

4.出発する前に

みなさんの帰国の時期がその後の手続きに大きくかかわってきますので、出発する前に必ず所定の用紙に記入して国際センターまで「帰国予定届」を提出してください。

関連資料

海外留学から帰国したら

海外留学から帰国したら、交換留学、認定留学ともに、まず帰国の報告をする必要があります。

1.国際センターでの手続き

下記の用紙に所定の事項を記入し、パスポートの「出入国の記録」の記載されているページのコピーを添えて国際交流室まで提出してください。

関連資料

2.教務課での手続き

教務課に留学先大学の成績表の写しを持って帰国の報告をし、単位互換と継続履修の申請を行ってください。

帰国後の就職活動について

海外留学から帰国して時を置かずして就職活動が始まります。大学のキャリア支援部で相談したり、会社説明会に出席したりいろいろな方法がありますが、留学経験を生かして就職先を見つけることも可能です。例えば留学経験者を対象とした就職情報を提供するホームページを利用したり、留学経験者対象就職フェアに参加したりすることが挙げられます。以下に代表的な留学経験者対象の就職情報を提供している会社のホームページのアドレスを記載しますので、参考にしてください。これ以外にも多数ありますので、探してみてください。

関連情報

page top