国際交流関連ニュース

  • 2019.07.10

    海外危機管理オリエンテーションを行いました

 これから海外への短期留学、長期留学、海外インターンシップ等に出発する学生を対象に、7月9日(火)に海外危機管理オリエンテーションを行いました。交換留学・認定留学などの長期留学や、カナダやアイルランドへの短期語学研修へ、この夏から秋にかけて出発を控えている学生約240名が参加し、渡航中に想定されるトラブルやそれに対する対応などの講習を受けました。
 病気やケガ、パスポートやクレジットカードの紛失など日常生活で想定されるトラブルから、スリや強盗などの非常事態まで、渡航中はあらゆるトラブルが想定されます。トラブルに遭遇した時の対処法と、危険に巻き込まれないための心構えについて、約1時間の講習を受けました。講師から、渡航中のトラブルは起こる前提で予め準備と情報収集を怠らないこと、とアドバイスいただきました。
 さらに、長期留学を予定している学生には、ストレスマネジメントについても助言がありました。「リラックスできる場所を見つけておく」「留学をしている日本人の友人とコミュニケーションを取ることも大切」「固執しない、頑張りすぎない」など、うまくストレスを解消する方法を見つけておくことの重要性を教えていただきました。
 成城大学では、海外へ渡航する学生が安心して留学生活を送れるように国際センターを中心として全面的にサポートしています。

page top