国際交流関連ニュース

  • 2017.10.26

    「せたがや国際メッセ」で成城大学国際センターがパネル展示を行います

世田谷区砧総合支所の成城ホールで11月3日(金・祝)に行われる「せたがや国際メッセ」で、成城大学国際センターがパネル展示を行います。http://www.city.setagaya.lg.jp/event/1993/d00155435.html

3年間にわたって採択された「(公財)中島記念国際交流財団助成」(独)日本学生支援機構留学生地域交流事業の取り組みについて紹介します。取り組みの内容は以下の3つです。

2015年「東京五輪2020 おもてなしプロジェクト」
留学生と成城生がグループワークや現地調査を通じた地域社会との交流をしながら、「東京の魅力」をテーマとしたニューツーリズム商品の企画から販売までを体験。さらに実際のツアーでは学生たちがガイド役を担った。

2016年「英語落語で国際交流 in 世田谷」
成城大学と包括協定を締結する世田谷区において、区内の留学生と地域住民に日本の伝統芸能である落語を通して国際交流を行う機会を提供する事業「英語落語で国際交流in世田谷」を実施した。

2017年「東京の魅力を発信!東京五輪2020おもてなしプロジェクト」
東京五輪2020の成功のカギとして注目されている日本の「おもてなし」をテーマに、留学生と成城生が「はとバス英語ツアー」を体験。東京下町観光について学ぶ。訪日外国人に提供できる「おもてなし」の様々な可能性をグローバルな視点から検討し、観光都市としての東京の魅力を世界に発信するための提案を行った。

page top