国際交流関連ニュース

  • 2016.11.15

    ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

 11月8日(火)の放課後、中学校高等学校校舎の外国語授業に使用する教室「Global Zone」で“Spanish Day”が開催されました。ゲストは米カリフォルニア州立大学サンバナディーノ校から成城大学に留学しているオスカーとジェームズ。オスカーはメキシコ出身、ジェームズはお母さんがメキシコ人ということで、2人は英語だけでなくメキシコの公用語であるスペイン語も堪能なのです。中高の生徒18人からスペイン語で「ようこそ」を意味する「¡Bienvenido!」と歓迎を受けると、一気に場が和みました。
まずは留学生の自己紹介からスタート。はじめは勉強中の日本語で、その次に英語、最後にスペイン語で流暢にあいさつをしました。それを受け、中高生たちも「私の名前は~です」という意味の“Me llamo ~.”を練習。英語とは違うイントネーションに興味津々で、次々と単語を覚えていました。2人は海外でのキャンパスライフを紹介したり、ゲームをして盛り上げ、最後に全員でメキシコ民謡“Cielito Lindo(シェリト リンド)”を大合唱して締めました。

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

page top