国際交流関連ニュース

  • 2015.12.15

    Connect Seijo to The World —Seijo International Circle発足

成城大学へ学びに来ている交換留学生が主体となり、「Seijo International Circle」を立ち上げました。立ち上げの中心となった、カリフォルニア州立大学フラトン校からの交換留学生、Michael Tangさんは、2013年から2014年まで在学していた早稲田大学で、60年もの歴史がある国際交流サークルに参加していたそうです。今年9月から成城大学で学んでおり、早稲田での経験からぜひ成城でも国際交流サークルを立ち上げたいと、活動をはじめました。11月下旬にLineのグループから始まったこのサークルは、現在、約80名の参加者がいます。
Michaelさんは、成城の学生について、おおらかで寛大な印象を持ったそうです。ゆったりとしていて居心地が良いからこそ、ついつい成城大学の仲間内で満足してしまいがち。しかし、「海外の文化を知ったり、言葉を学んだりするのは、世界中の人がするべき経験であり、成城生と交換留学生との境界を埋め、成城の国際的なレベルを上げたい」。そんな思いを持って活動しています。
このサークルの記念すべき1回目の活動として12月10日(木)に、留学生と成城生がコーヒーを飲みながら自由にコミュニケーションをするイベント「Coffee Hour」が開催されました。今後は、クリスマスパーティーや初詣、ボーリングなども計画しているそうです。


Coffee Hourの様子

留学生は成城生と話したいと思っているけれど、成城生の方は「英語が話せないからちょっと…」と敬遠してしまうという声をよく聞くそうです。できるだけ多くの学生に参加してもらい、「国を越えた一生付き合える友達を作る」というのがこのサークルの夢。今後も積極的に活動していきます。

Seijo International CircleのHPはこちらから


page top