授業・履修・試験・成績・資格取得

緊急時における休講措置について

 ストライキ、天災(台風、地震、大雪等)、事故等により交通機関が不通の場合、気象庁から東京23区西部に暴風警報等が発令された場合および大規模地震の警戒宣言が発令された場合は、次のとおり休講措置を講じます。
 この場合の休講の決定は、大学ホームページにてお知らせしますので、必ず確認してください。


1.交通機関が不通の場合
小田急小田原線(新宿~小田原)が30分以上継続して全面不通の場合または以下の19路線のうち3線以上が同時に30分以上継続して全面不通となった場合は、授業を全て休講とします。
ただし、以下の場合には休講を解除し、授業を再開します。

【交通機関の運行停止・解除時刻 】 【授業実施時限】
午前6時までに解除・復旧した場合 平常どおり実施
午前7時30分までに解除・復旧した場合 2時限目から実施
午前10時までに解除・復旧した場合 3時限目から実施
午前11時30分までに解除・復旧した場合 4時限目から実施
午前11時30分までに解除・復旧しない場合 全日休講とする

[対象路線]
京王(新)線/京王井の頭線/京王相模原線/東急東横線/東急田園都市線/相鉄線/相鉄いずみ野線/横浜市営地下鉄線/東京メトロ千代田線/多摩モノレール線/江ノ島電鉄/伊豆箱根鉄道大雄山線/JR山手線/JR中央線/JR南武線/JR横浜線/JR東海道線/JR相模線/JR湘南新宿ライン (いずれも小田急線の振替輸送対象路線)


2.特別警報、暴風警報、大雪警報または暴風雪警報が発令された場合(大雨・洪水・波浪警報 は含まない)
特別警報、暴風警報、大雪警報または暴風雪警報が「東京23区西部」に発令された場合は、授業を全て休講とします。ただし、以下の場合には休講を解除し、授業を再開します。

【警報解除時刻】 【授業実施時限】
午前6時までに解除された場合 平常どおり実施
午前7時30分までに解除された場合 2時限目から実施
午前10時までに解除された場合 3時限目から実施
午前11時30分までに解除された場合 4時限目から実施
午前11時30分までに解除されない場合 全日休講とする


3.大規模地震の警戒宣言が発令された場合
首都圏・東海地方を中心とする大規模な地震発生が予測され、大規模地震対策特別措置法に基づき地震防災対策強化地域判定会の招集が確認された場合は、直ちに授業を中止し、以降の授業を全て休講とします。翌日以降の取扱いは、以下のとおりとします。

【警戒宣言の状況】 【授業実施時限】
午前6時までに出ていない場合 または、解除された場合 平常どおり実施
午前6時までに解除されない場合 全日休講とする

※地震防災対策強化地域判定会

大規模地震対策特別措置法第3条第1項に規定する地震対策強化地域に係わる大規模な地震の発生のおそれに関する判定を行うために、気象庁長官の要請によって招集される判定会を指す。
学長の判断により、上記以外にも授業の中止や休講等を決定することがある。その場合は、掲示板や大学ホームページを通じて周知する。
*平成30年6月28日最終改定


問い合わせ先 教務部



page top