「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

講座紹介

2019年度 春夏講座
11) ここまで分かった邪馬台国の謎

講師
成城大学非常勤講師
鈴木 正信
[すずき・まさのぶ]
定員
50名
受講料
12,000円
日程
木曜日 18:30~19:50(講座:全6回)
(1) 5/16 (2) 5/23 (3) 5/30 (4) 6/6 (5) 6/13 (6) 6/20

成城大学非常勤講師<br/>
鈴木 正信<br/>
[すずき・まさのぶ]

講義内容

邪馬台国はどこにあったのでしょうか。この問題は日本史最大の謎とされ、現在も議論が続けられています。この講義では、なぜ論争がはじまったのか、これまでどのような説が出されてきたのか、いま何がどこまで明らかになっているのかという点について、『魏志倭人伝』の記述や、『古事記』・『日本書紀』の神話・伝承、さらに最新の発掘成果などを踏まえながら解説します。スライドやビデオを活用して、初心者の方にも分かりやすくお話しします。

各回テーマ

(1) 『魏志倭人伝』を読んでみよう

(2) なぜ論争がはじまったのか

(3) 九州説は成り立つのか?

(4) 畿内説は成り立つのか?

(5) 卑弥呼の宮殿が見つかった!?

(6) 邪馬台国論争のゆくえ

講師紹介

専攻:日本古代史(宗教、氏族、地方支配)
1977年、東京都練馬区生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学准教授などを経て、現在、文部科学省教科書調査官。博士(文学)(早稲田大学)。主要著書に『日本古代氏族系譜の基礎的研究』『大神氏の研究』『日本古代の氏族と系譜伝承』などがある。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top