「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2018年度 春夏講座
06) バロック時代の舞踏と舞曲

講師
文芸学部准教授
赤塚 健太郎
[あかつか・けんたろう]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
水曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 5/9 (2) 5/16 (3) 5/23 (4) 6/6 (5) 6/13 (6) 6/20

文芸学部准教授<br/>
赤塚 健太郎<br/>
[あかつか・けんたろう]

講義内容

バロック時代は華やかな舞踏文化が花開いた時代でした。バレエの基本となる5つのポジションが定まるなど、舞踏史上重要なできごとが起きただけでなく、音楽においても舞曲が栄えていました。この講義では、バロック時代の舞踏・舞曲文化を概観しつつ、当時の舞踏譜や舞踏書を紹介したり、代表的な舞踏・舞曲のいくつかについて解説を行います。

各回テーマ

(1) バロック時代の舞踏・舞曲の概観:メヌエットを例に

(2) 舞踏会における舞踏

(3) 劇場における舞踏

(4) 当時の舞踏書や舞踏譜について

(5) 様々な舞踏・舞曲

(6) 舞踏と舞曲演奏の関わりについて

講師紹介

専攻:西洋音楽史
成城大学大学院文学研究科にて音楽学を学び、現在は成城大学文芸学部芸術学科の教員を務めています。趣味でヴァイオリンやヴィオラ・ダ・ガンバを弾いているうちに、研究の道に迷い込んでしまいました。バロック時代の舞踏や舞曲を主な研究領域としています。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top