「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2018年度 春夏講座
19) ビクトル・エリセの夢の映画館

講師
文芸学部准教授
谷内田 浩正
[やちだ・ひろまさ]
定員
40名
受講料
12,000円
日程
土曜日 参考上映:10:00~12:00/講義:13:00~14:20 (講座:全6回)
(1) 5/19 (2) 5/26 (3) 6/9 (4) 6/23 (5) 6/30 (6) 7/14

文芸学部准教授<br/>
谷内田 浩正<br/>
[やちだ・ひろまさ]

講義内容

今回のビクトル・エリセ研究講座は、特に創意工夫を凝らしてみました。当時5歳の監督が姉に連れられ生まれて初めて映画館で見た映画をはじめ、エリセが偏愛してやまない作品を詳しくご紹介。さらに『ミツバチのささやき』と『エル・スール』の徹底解説を行ったうえで、東日本大震災以後に生きる私たちにたいし、エリセが心を込めて捧げた短篇映画を最後に解き明かします。
※受講生の方には講義の一環として、午前中に映画を視聴(無料)していただきます。

各回テーマ

(1) 初めて見た映画の記憶をもとめて — 1946年、サン・セバスティアンの映画館 —

(2) 一条の稲妻が夜の魂を輝かせる  — 1964年、フィルモテカでの溝口体験 —

(3) 私は映画史上もっとも美しいフィナーレのひとつを見ることができました — 2006年、東京におけるエリセ —

(4) 少女は怪物に恋をする — 『ミツバチのささやき』のすべて —

(5) 少女は南へ旅立つ — 『エル・スール』のすべて —

(6) 私は感じるの、私たちを見つめる死者たちの問いかけを — 2011年、アンティゴネーの鎮魂 —

講師紹介

専攻:英語文学・英語文化、映画研究
映画とバレエと音楽をこよなく愛する英文学者。映画館で鑑賞した映画が、年平均300本ほどの映画狂。主な業績は『思考の最前線』(水声社)、『ターミナル・エヴァ』(水声社)、『フランケンシュタインの影の下に』(国書刊行会)ほか。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top