「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2015年度 春夏講座
08) 17〜18世紀の音楽における演奏習慣の問題

講師
文芸学部専任講師 赤塚 健太郎(あかつか・けんたろう)
定員
25名
日程
水曜日 18:30 ~ 19:50 (講座 :全 6 回) (1)5/27 (2)6/3 (3)6/17 (4)6/24 (5)7/8 (6)7/15

講義内容

楽譜に書かれた記号や文字による指示が実際に何を意味しているのかについては、時代や地域によって異なることがあります。そうした時代や地域ごとの演奏の習慣を弁えることにより、過去の音楽は新たな姿を見せてくれます。この講座では、主に17〜18世紀の音楽を対象として、演奏習慣の問題を具体的に検討していきます。

各回テーマ

(1) 演奏習慣とは?

(2) 楽器と奏法の問題

(3) 声楽にまつわる演奏習慣の問題

(4) 装飾の問題

(5) 音律・演奏ピッチの問題

(6) リズム・テンポに関する問題

講師紹介

専攻 : 西洋音楽史
成城大学大学院文学研究科にて音楽学を学び、現在は成城大学文芸学部芸術学科の専任講師を務めています。趣味でヴァイオリンやヴィオラ・ダ・ガンバを弾いているうちに、研究の道に迷い込んでしまいました。バロック時代の舞踏や舞曲を主な研究領域としています。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top