「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2015年度 春夏講座
03) 19世紀のパリ都市改造と疫病

講師
経済学部教授 大森 弘喜(おおもり・ひろよし)
定員
25名 
日程
火曜日 18:30 ~ 19:50 (講座 : 全 5 回) (1)5/12 (2)5/19 (3)5/26 (4)6/16 (5)6/23

講義内容

19世紀半ば皇帝ナポレオン3世は、ロンドンに勝る世界一美しく衛生的な首都を造ろうとした。それ以前のパリは、悪臭と汚わいに満ちた不衛生きわまるカオス的中世都市であった。かれの都市改造事業を促したのは、断続的にパリを襲う疫病、コレラやチフスであった。
<参考書>大森弘喜著『フランス公衆衛生史』学術出版会 本体9,200円+税

各回テーマ

(1) パリの都市改造事業とナポレオン3世の目論見

(2) コレラ流行とその病因論争

(3) ミアズマ説と下水道整備・屎尿処理

(4) 上水道の整備と道路拡幅の意味

(5) 大家の吝嗇と「水の恩恵」:民衆の公衆衛生

講師紹介

専攻 : フランス社会経済史
近現代のフランス社会をさまざまな視点から研究している。経済史の観点からはフランス農業史、鉄鋼業史などを、社会史の観点からは公衆衛生史や貧困の歴史を考究している。今回は19世紀パリの疫病と公衆衛生を論ずるつもりです。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top