「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2012年度 秋冬講座
14) 加藤周一の文学論を読む

講師
文芸学部教授 有田 英也(ありた・ひでや)
定員
25名
日程
土曜日 10:40 〜 12:00 (講座 :全 6 回) (1)10/13 (2)10/27 (3)11/10 (4)11/24 (5)12/8 (6)12/15

講義内容

加藤周一は文学論の代表作「文学の擁護」で、英米型のフィクション中心主義を狭すぎると言い、ヨーロッパ大陸諸国と中国の、文体による散文の定義も、もはや通用しないと断じています。加藤は現代文学に何をもとめ、どのようにしてそれを得ようとしているのでしょうか。加藤の論じた作品や評論を紹介しながら、わたしたちの置かれた「状況」についても考えたい。「読む」ことが中心になる授業です。
<テキスト>加藤周一著『加藤周一セレクション1科学の方法と文学の擁護』平凡社1,260円(税込)

各回テーマ

(1) 東大仏文で学んだこと —文学概念の比較文化的考察
(2) 文学の擁護、その1「プルーストの1行」
(3) 文学の擁護、その2「金芝河とプルースト」
(4) 対ナチス抵抗文学を読む加藤周一
(5) 加藤とサルトル
(6) ヒューマニズムと人間学

講師紹介

専攻 : 20世紀のフランス文学・思想わたしがパリ大学に留学して勉強したのは、加藤周一が熱く論じたレジスタンス詩人の敵(かたき)役、対独協力作家です。いろいろ問題のあるサルトル『ユダヤ人』を、このカレッジで皆さんと読みました。ひと筋縄では行かないのが戦争と文学の関係。これに正面から取りくんだ加藤の文学論を通して、20世紀について考えてみましょう。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top