「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2012年度 秋冬講座
07) 誤判・えん罪はどうして起きるのか?

講師
法学部教授 指宿 信(いぶすき・まこと)
定員
25名
日程
木曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 6 回) (1)10/11 (2)10/18 (3)10/25 (4)11/8 (5)11/15 (6)11/22

講義内容

近年、痴漢えん罪を描いた映画「それでもボクはやってない」が公開され、足利事件では誤ったDNA型鑑定でえん罪となるなど、裁判員となる国民にとっても刑事裁判における誤判・えん罪問題は「人ごと」ではなくなってきた。裁判員時代の「誤判・えん罪」問題を体系的に考えたい。
<参考書>指宿信監修『えん罪原因を調査せよ : 国会に第三者機関の設置を』勁草書房(2012年9月下旬刊行)2,310円(税込)

各回テーマ

(1) 刑事裁判と誤判・えん罪
(2) 日本の誤判・えん罪
(3) 世界の誤判・えん罪
(4) 誤判・えん罪の原因
(5) 誤判・えん罪の救済
(6) 誤判・えん罪の防止と対策

講師紹介

専攻 : 刑事訴訟法20年以上にわたって、法学部や法科大学院において刑事訴訟法の教鞭をとる。誤判原因論や証拠開示、取り調べの可視化(録音録画)問題などを研究。数多くの刑事裁判に法律意見書を提出し、複数の再審事件の弁護団にも参加するなど、実務にも強くかかわっている。 内外の誤判えん罪に関する資料を多数収集する。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top