NEWS

  • 2018.03.05

    【開催報告】公開ワークショップ Music and Global Modernity : An Interdisciplinary Workshop (Hosted by MIT History Faculty and Seijō University, Center for Glocal Studies)

 本ワークショップは、2018年2月23日(現地時間)にマサチューセッツ工科大学(MIT)歴史学科と成城大学グローカル研究センターの共催によって開催されたものである。コーディネーターはNagahara Hiromu博士(MIT)によるもので、ボストン界隈の音楽研究に関わる研究者6名とグローカル研究センター所属の研究者1名の合計7人よって研究発表と討議が行われた。ほかに、MIT歴史学科長とハーバード大学、MITの研究者と大学院生10名強ほどの参加者を得た、20名ほどの小さな会合だったが、発表、議論は白熱し、次回の会合を期待されるほどの有意義なものであった。
 ワークショップの詳細なプログラムは後述の通りだが、基調講演では、近代日本以降の音楽研究の鍵語である「受容」を手がかりに、近代日本における音階にみる異文化受容の痕跡という話題提供からスタートし、日本の音楽文化ではグローバル化とともにローカル化にも注視することの重要性が説かれた。続けて、第二部ではボストン在住の日本人研究者による3本の発表、最後にボストン在住の西洋音楽を研究対象とする研究者によるグローバル化のなかで「西洋」をどのように位置づけていくかに焦点を当てた3本の発表がなされた。
 討論においては、発表者にとどまらず、参加者からも積極的な発言が飛び交い、テーマを1点に絞らなかったワークショップではあったが、グローバル化、ローカル化、グローカル化を鍵語としたおかげで、様々な議論の発展性が見いだせたことは有意義であった。

Music and Global Modernity: An Interdisciplinary Workshop
http://history.mit.edu/news/music-and-global-modernity-interdisciplinary-workshop


  • 発表者らの集合写真


  • 珈琲ブレイクでの歓談
    (窓の外はチャールズ川)

Time and Location

February 23, 2018, 1-6pm
MIT, Building E51-Room 275

Schedule

1pm: Part 1, Keynote Presentation by Mamoru Tōya(Seijō University, Center for Glocal Studies)
“Thinking Through 'Westernization' in Japanese Music Culture”

2pm: Part 2, Locating “Japan” within Global Musical Modernity
Marié Abe (Boston University), “TBA”
Miki Kaneda (Boston University), “‘Swallowing and Spitting History’ (Contemporary Japanese Perspectives on Experimental Music and Performance)”
Hiromu Nagahara (MIT), “Going East (and West): Sonobe Saburō’s Musical Journeys across the Postwar World”

3pm-3:30pm: Discussion on Part 1

3:30pm-3:45: Break

3:45pm: Part 3, Locating the “West” within Global Musical Modernity
Melissa Bilal (MIT), “Music, Modernity, and Imperialism: Recordings of Russian Armenian POWs in German Camps, 1916-1918”
Elina Hamilton (The Boston Conservatory Music Division), "Will the West Embrace Japan?: Unexpected Resonances from Boston's International Peace Jubilee (1872)"
Emily Richmond Pollock (MIT), “The Problem of Tradition and the Possibility of Renewal”

4:45pm-5:15pm: Discussion on Part 2

5:15pm-5:45pm: General Discussion

page top