柳田國男について

参考資料・主要参考文献

柳田國男の成城における講演・講話等一覧

年月日 主催等 題目等
1928(昭和3)年2月3日  成城高等学校★  「日本における漢字について」を講演
1928(昭和3)年5月16日  成城学園母の会★  「ウソの歴史」を話す
1931(昭和6)5月25日  成城学園★  「民俗学に就いて」を講演
1932(昭和7)年9月15日  砧人会  「怪談の発生」について話す
1932(昭和7)年12月6日  成城高等学校★  「歴史の一回性に就いて」を話す
1933(昭和8)年3月7日  成城高等学校卒業式★  長男為正の父兄として参列し挨拶をする
1933(昭和8)年3月22日  砧人会  「島の話」をする
1935(昭和10)年6月24日  成城学園★  「歴史と言語」の講演、座談会にも出席
1936(昭和11)年11月6日  砧村婦人会
 成城高等女学校★
 「主婦・母・嫁の地位の歴史的変遷」について話す
1945(昭和20)年3月13・24日  成城高等学校★  通年動員から帰った生徒に「家と霊魂の話」をする
1946(昭和21)年5月3日  成城学園初等学校★  柴田勝らと話し方教育について話す
1947(昭和22)年4月9日    成城学園教員に自宅で社会科の教育方法について話す
1947(昭和22)年5月7日  成城高等女学校専攻科★  「生活史」の講義を始める
1947(昭和22)年10月19日  成城学園初等学校小学教育協議会★  国語教育の話をする
1949(昭和24)年2月20日  成城公民館  「農村心理の研究」を講演
1949(昭和24)年6月16日    毎週木曜日に、成城学園教師のために社会科研究会を開く
1950(昭和25)年3月3日  成城児童福祉司  「子供と言葉」を講演
1950(昭和25)3月21日  成城協同組会  『夜の靴』と『菊と刀』について話す
1953(昭和28)年3月25日  成城大学★  第1回卒業式に出席
1955(昭和30)年10月19日  成城大学★  文化講演会で「桶とチョンマゲと曲物」を講演
1957(昭和32)年1月17日  成城大学★  図書館増築落成式に参列、「町と学問」について話をする
1957(昭和32)年2月14日  成城学園★  民俗学の話を、澤柳政太郎の追憶談もまじえて話す
1957(昭和32)年
7月16・20・23日
 成城大学★  沖縄の話をする
1957(昭和32)年8⽉15日    成城大学に蔵書を寄託
1957(昭和32)年9月26日  成城大学★  「沖縄航路の変遷」の話をする
1957(昭和32)年11月14日  成城大学★  「根の国とニルヤ」の話をする
1957(昭和32)年12月19日    成城大学文芸学部顧問になる
1958(昭和33)年5月10日  成城大学★  図書館で「民間伝承ということば」について話をする
 1958(昭和33)年8月5日  成城大学柳田文庫★  「親」という語について話をする。(その後も月2回程、成城大学で「船・手拭・稲作」など沖縄関係の話をする)
 1959(昭和34)年2月18日  成城学園初等学校★  「聞き方教育」について話す
1959(昭和34)年
7月12日,10月25日
 成城大学  稲作史研究会に出席
1959(昭和34)年11月19日  成城大学★  「舟」の話をし、沖縄列島東岸の航路、勝連文化 の特質などについて話す
1960(昭和35)年2月20日  成城大学★  「大和棟」の話をする
1960(昭和35)年5月11日  成城大学★  図書館で「ウダツの柱」のことなどをテープに吹 きこむ
1960(昭和35)年5月22日  成城大学  記念祭で学生の作った「田山花袋三十年忌記念映画」を観る
1960(昭和35)年9月24日  成城大学★  「南島旅行の話、舟のこと」を話す
1961(昭和36)年4月5日  成城大学  著書『海上の道』の編集会議に出席
1961(昭和36)年5月28日  成城大学  東南アジアの留学生の集まりに出席し、話をする
1962(昭和37)年5月3日  成城大学  日本民俗学会主催の米寿祝賀会が開かれる
1962(昭和37)年7月17日  成城大学  東京都立大学沖縄調査団一行に「沖縄の話」をする
1962(昭和37)年8月12日    遺言により蔵書は成城大学に寄贈される

本表は、柳田國男が成城学園及び地域からの依頼で行なった講演会・講話類を中心として関係事項を『定本柳田國男集』別巻5年譜より抜きだし、ついで『成城文化史』(1936年、成城高等学校同窓会発行)より補足した。
特に成城学園が主催した講演会等には★印を付した。

成城大学関係刊行物に掲載された著作類(講演録含む)

著作名 発行年 初出掲載誌名 収録単行本
小さき者の聲 大13.9 『教育問題研究』54号 『小さき者の聲』(昭8)
神に代りて来る 大13.11 『教育問題研究』56号 『小さき者の聲』(昭8)
濫読の弊 昭2.12 『全人』17号  
子供の嘘 昭3.9 『教育問題研究・全人』26号  
郷土教育その他 昭3.11 『教育問題研究・全人』28号  
旅と故郷 昭5.5 『成城学園時報』6号 「水曜手帖」(『定本』3巻)
梅紅白 昭12.1 『成城学園時報』83号  
成城の地理書 昭22.12 成城高等女学校『ながれ』  

成城の「町づくり」「自然」等について書かれた著作

著作名 発行年 初出掲載誌名 収録単行本
 蘆花君の『みみずのたはこと』  昭3.10  『大阪朝日新聞』  「ささやかなる昔」(『定本』23巻)
 信濃柿のことなど  昭7.11  長野放送局放送  『信州随筆』(昭10.山村書院)
 郷土研究と郷土教育  昭8.1  『郷土教育』27号  『国史と民俗学』(昭19.六人社)
 記念の言葉  昭15.11    『野草雑記・野鳥雑記』(昭15.甲鳥書林)
 美しき村  昭15.11    『豆の葉と太陽』(昭16.創元社)
 野中の清水  昭15.5  『知性』3巻3号  「水曜手帖」(『定本』3巻)
 梅についてのお願ひ  昭24.5  『民間伝承』13巻5号  
 町の話題  昭27.11  『きぬた』昭和27年11月27日号  
 故郷七十年  昭 33.1~9  昭和33年1月8日から9月14日まで
200回 に亙り、神戸新聞に連載
 『故郷七十年』(昭34.のじぎく文庫)

主要参考文献

著者 発行年 著作名
鎌田久子 1980  「ふるさとの民俗-世田谷と柳田國男-」
(世田谷区教育委員会編『文化財保護のための講演記録集』所収)
大藤時彦 1973  「柳田國男と国語教育」
(『柳田國男入門』 筑摩書房所収)
大藤ゆき 1966  「文化史に吹く新しい風 柳田国男」
(日本子どもを守る会編『子どものしあわせ』第125号所収)
小国喜弘 1996  「柳田國男と成城学園初等教育-「柳田社会科」 の実践を手がかりとして-」
(『民俗学研究所紀要』第20集所収)
庄司和晃
 
 
 
 
 
1972  『柳田学と教育』成城学園初等学校
1975  『柳田国男の教育的研究』成城学園初等学校
1978  『柳田国男と教育-民間教育学序説』評論社
1979  『柳田民俗学の子ども観』明治図書出版
1987  『現代国語教育論集成 柳田国男』(編) 明治図書出版
1988  『柳田国男と科学教育』明治図書出版
高藤武馬 1968  「柳田国男」
(『言語生活』第203号筑摩書房所収)
高見寛孝 1994  『柳田國男と世田谷-柳田國男のふるさと観を中心に-』
世田谷区・世田谷区教育委員会発行
竹下昌之 1993  『社会科「教材開発」入門』成城学園初等学校
長浜 功
 
1983  『柳田国男教育論集』(編) 新泉社
1994  『新装 常民教育論-柳田国男の教育観』新泉社
堀 三千 1980  『父との散歩』人文書院
柳田為正 1996  『父 柳田國男を想う』筑摩書房
柳田國男「日本の社会」復刻刊行委員会 1985  『柳田國男「日本の社会」解題』第一書房
・山中正剛  いまなぜ「柳田社会科教科書」か
・大藤時彦  柳田先生と社会科教育
・直江広治  教育民俗学の構想
・庄司和晃  柳田社会科の成立と教科書の主題
・田嶋一   柳田社会科と歴史教育
・寄藤昂   地理教育と柳田社会科
・福田須美子 同時代の社会科教科書
・竹下昌之  「柳田社会科」から何を学ぶか

page top