NEWS

  • 2018.05.29

    駅の内部見学も-小田急との連携でキャリアデザイン科目授業

成城大学キャリアセンターでは、3、4年次の就職活動支援だけでなく、1年次からのキャリア教育にも力を入れています。キャリアデザイン科目の1つである「キャリア形成Ⅳ〈チームワーク・協働〉」では、今年度、本学と連携・協力協定を締結している小田急電鉄株式会社の協力を得て、企業の仕事の実際を学び、また、企業から提供された課題にチームで取り組む実践的な演習を行っています。
4月25日の授業では、小田急電鉄株式会社CSR・広報部の須永課長をお迎えし、小田急グループや同グループの経営理念、CSRの取り組みについてお話しいただき、「より社会に貢献するためにどのような取り組みをすればよいか、学生の皆さんに考えていただきたい」という課題をいただきました。
さらに、5月9日の授業では受講生らが小田急電鉄成城学園前駅を訪問。鈴木管区長兼駅長の案内で、普段は見ることのできない駅の内部を見学し、駅係員の方々の実際の仕事を教えていただきました。私たちの日常や安全がどれほど多くの人々の仕事で支えられているかを知ることができ、社会の一員として働く意義を実感する機会となりました。
今後も小田急グループ各社からお越しくださる講師の方々より仕事についての実際を学ぶとともに、課題解決に取り組む複合的な授業を行うことで、仕事観・職業観を身につけながら、キャリア形成に必要なチームワークや協働についての理解も深めていきます。

page top