NEWS

  • 2017.04.03

    問う、語り合う、学ぶ—平成29年度入学式—

 4月2日(日)、成城大学・大学院の入学式が午前と午後の2回に分けて行われました。
スーツに身を包んだフレッシュな学生たち。これから迎える大学生活について期待に胸を膨らませていることでしょう。壇上に立った戸部順一学長は、哲学者の言葉を用いて「問うと学ぶの繰り返しが教養のある人へとつながる」とし「語り合う日々を根として、意義ある青春の花にしてほしい」と学生たちへメッセージを贈り、成城学園全体として取り組むコミュニケーションの大切さを訴えました。
 記念講堂に掲げられている学園創設者・澤柳政太郎の生涯の志「所求第一義」(求むるところ第一義)とは「常に究極の真理を求めよ」という意味です。社会へと飛び立つため、これからの大学生活を通じて自分を極めていってもらいたいと思います。入学おめでとう。

  • 澤柳記念講堂にて行いました
    澤柳記念講堂にて行いました

  • 戸部学長の式辞
    戸部学長の式辞

  • 新入生代表の答辞
    新入生代表の答辞

  • 学部ごとに退場する学生たち
    学部ごとに退場する学生たち

page top