NEWS

  • 2017.03.27

    最後の講義 —学位記授与式を行いました—

 3月23日(木)、午前と午後の2回に分けて、成城大学・大学院の学位記授与式が行われました。会場となった澤柳記念講堂は、袴やスーツ姿の学生たちが晴れやかな表情で着席。合計1297人が巣立ちました。
 授与式では、戸部順一学長と油井雄二学園長がそれぞれこれから社会の荒波に立つ学生たちにエールを送りました。戸部学長は「大学の最後の講義」として、ギリシャ神話を引用しながら「学んだことを礎に歩んでほしい」「逆境でも希望が宿っていることを忘れないで」と、油井学園長は日本の茶道や武道などの修業におけるプロセスを説いた「守破離(しゅはり)」という言葉を用いて、これからの生き方のヒントを与えました。成城大学で得たものを、これからの社会で役立てていって欲しいです。
ご卒業おめでとうございます。

  • 午前と午後に分けて行いました
    午前と午後に分けて行いました

  • 学長式辞
    学長式辞

  • 学園長祝辞
    学園長祝辞

  • 学位記授与(午前)
    学位記授与(午前)

  • 学位記授与(午後)
    学位記授与(午後)

  • 総代答辞(午前)
    総代答辞(午前)

  • 総代答辞(午後)
    総代答辞(午後)

  • 袴で華やかな客席
    袴で華やかな客席

終了後はあちこちで記念撮影やお祝いが

page top