NEWS

  • 2016.04.02

    平成28年度入学式を行いました

4月2日(土)、成城大学の入学式を行いました。午前に文芸学部と法学部、大学院全研究科、午後に経済学部と社会イノベーション学部の2回に分けて行われました。
あいにくの花冷えとなった当日。真新しいスーツに身を包んだ新入生たちは期待と不安の入り混じった面持ちで澤柳記念講堂へ集まりました。
戸部順一学長は式辞冒頭で、「大学の学びは双方向」として、「おめでとう!」と新入生に呼びかけると、新入生は「ありがとう」と応え、さっそく‘双方向’のやりとりをしました。また、入学式の歓迎の奏楽を例に、「全体を引っ張っていくような楽器もあれば、トライアングルのように出番の少ない楽器もある。しかしどの楽器も必要。これと同じように、成城大学では、グローバルに世界を引っ張っていく人材を育てるとともに、トライアングルのような学生も大切に育てたい。人それぞれの個性を輝かせようとするのが成城大学です」と、語りました。また、「どんなことで良いから‘懸命’にやってみてください。そして懸命にやったあとの充実感を大学にいる間に感じてほしい」と新入生へエールを送りました。
学長からのエールに応えるように、新入生代表の答辞では、これまでの経験から感じた自分の足りない部分や、だからこそ大学で学びたいと思ったことなど、強い意気込みが語られました。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。成城大学で充実した日々を過ごしてください。

page top