HOME > 教育内容 > 英語能力の開発

英語能力の開発

英語能力開発カリキュラム

社会イノベーション学部独自の3年間継続したカリキュラム。
専門分野+「使える」英語力で実社会で
活きる力を確実なものにします。

就職活動が本格化する4年生になって初めて、語学力の必要性を痛感する学生がいます。大学の1年生か2年生で英語の必修授業が終わってしまうと、それまで身につけた英語力もついつい落ちてしまいがち。社会イノベーション学部では英語教育に力を入れます。入学から3年間、多彩な英語の必修クラスが提供されます。<読む><書く><聞く><話す>といった個々のトレーニングに加えて、留学先や海外赴任地で実際に役立つ技術の習得を目指すクラスがあなたの英語力を「使える英語」にブラッシュアップします。英語の学習そのものが目的ではなく、仕事や勉強の手段としての英語力の獲得を目指します。必修クラスの他に、TOEICTOEFLなど、英語能力評価試験を視野に入れた授業も提供します。
さらに、1〜3年生は英語力の向上を確かめるため、毎年1回、TOEIC IPテストを成城のキャンパスで受験することになります。これらを活用して就職活動における自分の価値を高めてください。

●必修クラスへ | ●TOEIC/TOEFLへ

戻る | ページトップへ