イベント

  • 前の記事
  • 成城国際比較刑事司法 ワークショップ 「司法取引について ~心理学と刑事法学の対話~」【終了しました】
    開催日:2017.07.26

  • 次の記事

成城国際比較刑事司法 ワークショップ

テーマ:司法取引について ~心理学と刑事法学の対話~

【日時】2017年7月26日(水)15:00〜18:00
【会場】成城大学3号館3階大会議室 成城大学へのアクセス
    ※お車でのご来場はご遠慮ください。
【参加費】参加費無料。懇親会 2,000円。

講師:Andrew Pardieck(南イリノイ大学・法学)
   Lucian Emery Dervan(南イリノイ大学・法学)
   Vanessa Edkins(フロリダ工科大学・心理学)
ファアシリテイタ:指宿 信(成城大学法学部教授)
使用言語:英語(通訳あり)

【問い合わせ先】
成城大学法学部掲示訴訟法研究室
03-3482-9709
【申し込み先】
ws.ccj.seijo[at]gmail.com
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

2016年刑事訴訟法改正によって導入されることとなった「司法取引」制度。先行する米国法律実務と心理学の知見から、日本での実施を前に、どのような示唆が得られるでしょうか。法学と心理学が交錯する貴重な機会です。
(注)本ワークショップはJapan Foundationの支援によって実施されています。

イベント一覧

page top