NEWS

  • 2017.12.22

    成城大学共通教育研究センター主催 第9回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

 12月16日(土)、共通教育研究センター主催による「第9回WRDプレゼンテーションコンテスト」が開催されました。「WRDプレゼンテーションコンテスト」は、本学の全学共通教育科目「WRD」における成果発表の場として活用してもらうために2009年度から開催され、今年度で9回を数えます。
 このコンテストでは、決められたテーマから自由に発想してテーマを設定し、10~15分程度のプレゼンテーションをしてもらうのを競うものです。今回は、(創立100周年という節目の年にちなんで)「立つ」というテーマのもと、6クラス6チームが出場しました。
 コンテストの結果、各チームのプレゼンテーションテーマは、以下の通りです。

◆優勝 ギリギリス(文芸WRDⅡ<D>3)※
     ・テーマ 『日本におけるスタンディングオベーション』

◆優勝 STANDING EATERS(経済・法・社会WRD4)※
     ・テーマ 『立ち食いサービス』

◆第三位 まっちゃ(文芸WRDⅡ<D>2)
     ・テーマ 『日本人とアメリカ人のリアクションの違い: バスケットボールの視点から考える』

◆努力賞 ほねまにあ(文芸WRDⅡ<D>5)
     ・テーマ 『立つ-直立二足歩行-』
     オロナミンC(文芸WRDⅡ<D>1)
     ・テーマ 『立ち活~立つことで美しく見える~』
     NFK(文芸WRDⅡ<D>4)
     ・テーマ 『言葉から見出す「立つ」の意味』

※優勝を2チームとしました。

  • 成城大学共通教育研究センター主催第9回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

  • 成城大学共通教育研究センター主催第9回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

  • 成城大学共通教育研究センター主催第9回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

  • 成城大学共通教育研究センター主催第9回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

page top